• トップページ
  • フジテレビの新卒採用・採用人数・選考フローま…

フジテレビの新卒採用・採用人数・選考フローまとめ

目次

  • フジテレビの新卒採用
  • 選考フロー
  • 募集要項

フジテレビの新卒採用

フジテレビは例年2~3万単位のエントリーがあるにも関わらず、採用人数は30名弱程度という難関企業です。以前より記念受験の層は減っているようですが、真剣でないエントリーが減っただけで通過難易度は変わっていません。

面接では面接官に学歴の情報が伏せらており、フラットな視点で面接が行われることが特徴です。サマーインターンが内定につながる会社や、選考の優遇となる会社も多いですが、フジテレビではアナウンサー職以外でそういったことはなく、その点でも比較的公平といって良いでしょう。

少し分かり辛いのは各職種の名前で、フジテレビでいう一般職とは「総合職」のことを指します。これは、技術職・美術職・アナウンサー職以外のすべてに配属される可能性のある職です。美術職はデザイナーやプロデューサーとしての仕事がメインで、実際に大道具や衣装・メイクといった実務を行うことはありません。技術職はカメラ・照明・音声などが担当範囲となりますが、音響は担当しません。

過去の採用人数は以下の通りです。

2014年
25名(男18、女7)
2015年
30名(男20、女10)
2016年
27名

選考フロー

エントリーシート(ES)→webテスト(適性検査のみ)→1次面接→2次面接→3次面接→筆記試験→4次面接→5次面接

募集要項

募集職種

アナウンサー職、一般職、美術職/CGクリエイター職、技術職

応募資格

2018年3月までに四年制大学(または大学院)を卒業・卒業見込みの方で、1992年4月2日以降に生まれた方。

※技術職の場合は、理工系、情報系及び放送関連の学部・学科を卒業していることが条件となります。

初任給

24万5500円(大学卒)

参考

就職四季報編集部『就職四季報 総合版 2017年版』東洋経済新報社,2016