レバレジーズグループ
厳選企業リストエントリー

知性×テクノロジーの
事業開発力で13年連続増益、
次々と事業領域を拡大しグループ経営を加速。

Goodfindの視点

10年後のエクセレント・カンパニーを厳選して紹介しているGoodfindが、レバレジーズグループの事業・理念・成長性などを分析し、同社ならではの優位性やキャリアとしての意義を紹介します。

Goodfindの視点1 グループ経営の加速により、
創業期の中核ポジションが次々誕生。

事業開発のプロが集まるレバレジーズに続き、国内外の雇用問題を解決するレバレジーズキャリア、医療・介護を支える人たちが抱える課題解決をサポートするレバレジーズメディカルケアが設立され、社会に必要とされる領域でビジネスの幅を拡げています。

レバレジーズグループ全体で社会的意義と広がりのあるビジネスを展開

  • Leverages

    2005年、レバレジーズ設立。知性×テクノロジーを核に、社会的意義のある領域で付加価値の高い事業を開発

    マーケティング職採用 エンジニア
    デザイナー職採用
  • Leverages Career

    2015年、レバレジーズキャリア設立。人材サービスを通して日本と他国の架け橋となり、世界規模での雇用問題解決へ

  • レバテック株式会社

    2017年、IT領域の「レバテック」を分社化。エンジニア・クリエイターに特化したサービスを展開。

  • Leverages Medical Care

    2018年、医療・介護領域を統括する「レバレジーズメディカルケア」を設立。

Goodfindの視点2 13年連続増益、
持続的成長を支える事業開発力を強みに、
さらなる事業拡大フェーズへ。

2005年の創業以来13年連続増益の実績は、レバレジーズグループが社会的ニーズに応える事業を高いクオリティで開発・展開してきた証左といえます。

今後は盤石の財務状況と事業開発力を活かして、既存の人材サービス/販促メディア/情報インフラ領域にとどまらず、先制・再生医療などの新領域の事業も開発。

2020年には投資可能金額を100億円にすることを目指しており、今後も事業領域を拡大する急成長フェーズが続きます。

直近6年間の年商と今後の推移

創業以来13年連続増益

レバレジーズグループのインターン情報、岩槻代表のインタビューが下記のリンクからご覧いただけます。