総合商社で感じた矛盾、
「安定」と引き換えに失いかけた「大切なもの」

私が通っていた一橋大学は、ビジネスマン養成学校のようなところなので、学生の大部分が大企業志向(メーカー、商社、金融)でした。その中で、できるだけ大きな規模のビジネスを自分で創れる会社に行きたいと思い、総合商社に入社しましたが、入社後は正直言って違和感を覚えました。これまでの人生の重要な局面では、すべて自分の意思で決断を行ってきましたが、会社に入った途端、それができなくなりました。 配属先も選べず、仕事も決められ、おまけに定年までの給料テーブルまである。大企業はどこもそうかも知れませんが、良くいえば「安定」、悪くいえば「隷属」というイメージを持ちました。

給料は高いものの、自律的に考えることはあまり求められなかったので、新しいビジネスの部署に出入りしたり、企画書を書いたりしていました。日に日に、自分の人生を自分でコントロールしたい、自分が社会に通用するのか試したいという思いが募り、会社を飛び出してベンチャーキャピタルに転職しました。

「絶対に3年で独立する」
背水の陣で臨んだ、ベンチャーキャピタルでの第二の人生

ベンチャーキャピタルに転職したときには、投資からベンチャーの経営に絡むことで、経営ノウハウを身につけ、どんなに居心地が良くても3年で絶対独立しようと決めていました。社会に飛び出せば、誰からの助けもなく、全て「自責」になる以上、自分に何ができるかが全てだと思って必死で働きました。仕事がなくとも毎日深夜まで、過去の投資失敗事例などの資料を見まくっていましたね。そんな中、ネットプロテクションズを買収するという案件が上がり、私が出向することになりました。アイデアがあるだけで実態としては何もない会社で、事業構築からスタートしました。私の場合は、ゼロからの起業ではなく、大きな損失を抱え、組織も既に壊れている状態からのスタートでした。決済市場もマネジメントもシステムも何も分からない26歳の若輩者が、マイナスからの企業再生を経て、世の中に存在しない新しいビジネスを起業したことになりますので、壮絶な経験をさせてもらいました。

業界の誰もが不可能だと批判した、ありえないビジネスモデル
『NP後払い』

主軸のビジネスは、『NP後払い』というネットショップ上での後払い決済サービスです。ネットショップと当社が契約すると、購入者がネットショップで商品を購入するときに、『NP後払い』という支払い方法を選択することができます。このサービスの特徴は、購入者側は、商品を確認してからお金を払うことができ、ショップ側は購入者の「商品を見てから払いたい」というニーズを満たすことで、ショップ側の売上を増やすことができます。ショップ側への支払いは当社が行うので、ショップ側も購入者側もどちらもリスクがありません。未払いのリスクを背負うのは当社ですが、そのリスクも母数を拡大することで分散し均一化することができます。サービス開始当初、リスクが大きすぎるため、ほとんどの人から絶対にうまくいかないと批判され続けたビジネスモデルでしたが、今ではショップ数も8500社、顧客数も累計700万人(2009年5月現在)と急激に成長しています。

個人としての成長機会を与え、事業を創り出す人材を輩出する企業へ

新入社員の多くは、現在のビジネスモデル自体よりも、この事業基盤から、今後展開しようとしている巨大な可能性に魅力を感じて入社しています。加えて、自分のキャリアの将来性や成長スピードを求めていて、当社ではその期待に応えられる環境が揃っていると考えています。例えば、研修制度です。将来「社会の中でリーダーとなれる人材」を育てていきたいと考えていますので、新卒には6ヶ月間、全部署を経験する研修を用意しています。会社組織の動きを学ぶことで、経営者としての大きな視点を養い、並行してビジネスパーソンとしての、基礎理念、経営哲学、マネジメント、リーダーシップといった、ビジネスリーダーになるために必要な知識をインプットする場を提供しています。実践と理論の両輪が揃うことで、新卒1年目から視野を広く育て上げていくわけです。

ここまで人材育成に注力する理由は、『NP後払い』という現在の事業だけでなく、その先で行う事業展開に、私自身がとてつもなく大きな可能性を感じているためです。その実現のためには、リーダーとして仕組みを「創れる」分厚い人材層が欠かせません。加えて、会社としての事業成長は、個人としての成長機会でもあります。当社で頑張れば圧倒的に成長できるように、さらに人を育てる仕組みを充実させたいですし、それこそが最強の社会貢献だと思っています。

「やれる」のに「やらない」人が多すぎる
志をもって、社会を良くするリーダーを目指そう

自ら走る人、挑戦者を支える人、ともに社会には必要です。いずれにしても、重要なことは、「志」を強く持ち、自分の人生を使って何か事を成してやろう、という意欲を持つことです。大企業に入り、すでにでき上がった傘の下で安定に甘んじてしまう人があまりにも多いのではないでしょうか。皆さんのように能力の高い人が、潜在能力を磨きぬいて社会に貢献しようとしないのは、国や世界にとって重大な損失だと考えています。自分のための安定や収入だけを求めるのではなく、社会をより良く変えていくリーダーとなるような人材がもっともっと出現すべきだと本気で考えています。「やれる」のに「やらない」人が多いのが悔しいです。

株式会社ネットプロテクションズ

事業内容:後払い決済サービス『NP後払い』の運営
クレジット決済サービス『NPカード』の運営
オンラインショッピングモール『アトバラ』の運営
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座1-10-6 銀座ファーストビル4F