最初の就職先を選んだ理由を教えていただけますか?

私は化学工学を専攻しており、同級生は化学工場に就職する人が多かったです。夏には学科の慣例でコンビナート見学という企画があるのですが、興味をもてなかった私は、参加を見送りました。私は修士卒ですが、既に就職した同級生が、あまり楽しそうではない様子をみて、周りと同じ化学工場への進路は取るまいと決めました。そんな時に、大手のコンピューターメーカーに就職をしていた友人が、1年で退社して、今で言うベンチャー企業に入社するという話を聞きました。実験で触れたコンピューターに将来性を感じていたこともあり「20人くらいの会社で、オフィスコンピューターを作る。佐藤もこないか?」と誘われ、とても楽しそうな予感がしたので、誘われるがままに入社を決めていました。1976年のことでした。

その後、起業された経緯を教えてください

ジョルダン株式会社 代表取締役社長 佐藤俊和 当時は、プログラミングをできる人が貴重で、仕事には困らない状況でした。30歳の誕生日に旅行先のアメリカで、「これから何をして過ごすか」を考え、自分のやりたいことがより実現できる会社を作ることを決意しました。3年ほど勤めた会社を辞め、30歳で会社を創業しました。創業後も、様々なソフトウェア開発の仕事を受託できました。ゲームソフトのプログラミングの仕事では、『クレイジークライマー』などのヒット商品の開発も行いました。他にも、教育ソフトなど、お客様のご要望に答えながら、お客様のためのソフトウェアを作り続けました。受託の仕事で得た資金を、自社のノウハウ蓄積のための投資にまわすというサイクルで、会社を順調に成長させることができました。創業から10年を経て、40歳になった時に、蓄積したノウハウを活かすべく、自社ブランドのソフトウェア製品を販売するビジネスを始めることにしました。

創業当初から徹底してこだわっているのは、
「便利な道具」を作ること

業態拡大後、大ヒット商品「乗換案内」が生まれたわけですね

最短経路問題を解くには、整数論の延長でダイクストラ法を活用することで、処理効率のよいソフトウェアが開発できることを発見しました。それを何に応用ができるかと考えた結果、乗換案内のアイデアにつながりました。というのも、普段はおっとりしている私でも、電車に乗る時はせっかちで、乗り遅れるたびにくやしい思いをしていたので、乗換案内のニーズがあるに違いないと、勘が働いたのです。「便利な道具」を作ることに、創業当初から徹底してこだわっており、「Windows 3.1」が発売されたばかりの頃だったので、マウスだけで操作できるインターフェースのソフトにしたのも、ヒットの追い風になりました。その後も、インターネットで利用できるサービスを開始したり、乗換案内で到着した目的地で楽しむ「映画」や「グルメ」などの情報を提供したり、乗換案内は「便利な道具」として、進化を続けています。

考えを整理する道具としての、ケータイの可能性

今後の展望を教えてください

もちろん便利な道具として機能の進化をしていくことは大事です。一方で、ケータイの進化で、情報が手軽に持ち運べ、どこでもアクセスできる時代になっていく中で、新たなコンセプトも大事かと思っています。実は、ケータイを「考える道具」にして、多くの方に喜んでいただきたいと考えています。私は、外出先で思いついたアイデアなどを自分宛にメールしているのですが、考えを整理する道具として、ケータイはさらに進化できるのではないかと思っています。同時に、「何のために生まれてきたのか?」「どうしてお金が必要なのか?」などのテーマを、若い頃から考えるきっかけを提供できるような、インフラを作れるとよいですね。その一例として、ケータイで哲学について考えたり、みんなで議論しあう時代が来るとおもしろいのではないかと思っています。

最後に後輩である東大生にメッセージをお願いします

ジョルダン株式会社 代表取締役社長 佐藤俊和 好きなこと、やりたいことを実行し続けることが、大切なのだと思います。「好きなことと仕事とは違うのではないか」と心配する必要はありません。街にはランキング情報があふれている時代なので、まわりと同じでないと不安という心理もわかりますが、自分の興味に忠実に、好きなことにチャレンジし続けることこそ、自分を大切にすることだと思います。ちなみに社員にも、お金を稼ぐことに直接つながることだけではなく、好きなことをする時間を、業務時間の中に作るようにお願いしています。皆さんの可能性は無限大です。こむずかしく将来について計算するのではなく、興味関心に忠実になり、やりたいことにチャレンジしてみてください。私も経営者として、社員のやりたいことを応援しています。ジョルダンの可能性も無限大です。ジョルダンには、私以外にも東大出身者がいますし、みんな好きなことを持って活躍している人ばかりです。ジョルダンで働くことを通じて、自分のやりたいことを実現したい東大生がいるなら、これからも活躍の場を用意し、応援したいと思っていますので、ぜひ訪ねてきてくれるとうれしく思います。

ジョルダン株式会社

事業内容:パッケージソフトの開発・販売、システム設計・製造、デジタルコンテンツ制作、ゲームソフト開発・販売、インターネットコンテンツの提供、携帯コンテンツの提供、旅行業法に基づく旅行業
所在地:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-1-9 第百生命新宿ビル8F