「事業を起こす立場の方が面白いんじゃないか?」

どのような学生生活をお過ごしでしたか?

中高時代は映画制作に没頭していたのですが、大学に進学してからは、映画制作という枠から飛び出して「何かを表現できる人間」になりたい、 そのためには学生らしく過ごす中で「幅広い知識や教養を身につけてゆこう」と考えていました。 そのような思いから、大学ではザ・ワセダ・ガーディアンという出版サークルに入り、 幹事長として雑誌出版のための取材や編集、広告営業などに携わりました。 出版作業を経験する中で、表現者たるためのベースをもっとつけなければいけないと痛感しました。 ですから、興味のある講義は積極的に履修して、勉強もしっかりとやりましたね。

就職活動はいかがでしたか?

サークルでの経験から出版に興味を持ったので、その業界を中心に受けました。 世の中で起こったことを追いかけて広く伝えてゆく仕事がしたいと思っていたのですが、出版社のひとつとして話を聞きに行ったリクルートの採用担当者から「何か事業を起こした人を取材する立場よりも、自分で事業を起こす立場になった方が面白いんじゃない?」と言われ、事業を起こすということに強い興味を持つようになりました。リクルートであれば、その環境があるし、一緒に働く先輩たちからも学ぶことが多いだろうと考え、リクルートを選びました。

「ならば自分でやってみよう」が企業のきっかけ

起業されるまでの経緯を教えてください。

リクルートに入社してからは、営業や財務の部署を経た後、95年に新規事業開発室というところへ異動して、そこで当時本格的に商業化が期待されはじめたインターネットを活用したサービスの検討をすることになりました。それにあたって市場調査することになったのですが、既存の調査会社には変化の速いインターネットビジネスを検討するのに十分適した会社はありませんでした。もっと早く安く手軽な調査サービスはないものか考えたのですが、どこにもなかったんですね。「ならば自分でやってみよう」と考えたのがマクロミル設立のきっかけです。

現在、早稲田大学で寄附講座を開かれていますが、その経緯を教えてください。

マクロミルが上場したあたりから計画採用をするために新卒採用を始めたのですが、面接で大学生と話す中で「学生の知的好奇心や基礎学力が昔に比べて随分落ちているのではないか」と感じるようになりました。別の場で多くの大学生と会ってもその傾向は変わらなかったので、日本の教育の現状にまず危機感を抱きました。ただ、そこで「自分が教育を変えてやる」と大上段に振りかぶっても、いきなり大きなことができる訳ではないので、「草の根運動に終わっても構わないから何か行動しよう」と模索し始めました。かねてより早稲田大学のベンチャー講座で何度か講演していたこともあり、これを寄附講座としてマクロミル流にアレンジできないだろうかと考え、大学に持ちかけたところ、実現しました。寄附講座を通じて、私たちから伝えられることを学生の皆さんに伝えてゆきたいし、反対に大学生の考えていることも理解してゆきたいです。

今の大学生に欠けているものは何だと思いますか?

昨今の大学生は、目まぐるしく変化する世界の中で、自分がどういった立ち位置でどんな役割を果たすべきなのか見当がつかないまま仕事選びをしているように思います。大学がどうだ、社会がどうだと周囲の環境を嘆いても何も変わらない。現状はそれとして受け止め、「ならば、自分は何をしたら日本で、あるいは世界で価値を発揮できるのだろう」とか、「自分は何をするために生きてきたのだろう」ということを真剣に考えて欲しい。「なんとかなる」と思っている学生も多いですが、いつまでもこのままで良いわけがないですよ。二〇世紀までは多くの企業が日本の高度成長とともに右肩上がりの成長を続けていました。でも今後は、必ずしもそうならない。グローバル規模の競争環境は激化してますし、新興国の台頭もあるので、日本はこれまでのやり方では生き残れないでしょう。

では、学生はどのような就職活動をするとよいでしょうか?

例えば、ただ単に「業界トップだから」「有名だから」などの理由だけで会社を選ぶようなことはして欲しくないですね。自分はこれまで何をしてきたのかという自己分析をしっかりとやってみるべきです。昔から、「三度の飯より好き」という言葉がありますが、これをやっていたらご飯を食べるのも忘れるようなものを仕事にできたら、それは最高ですよね。例えば、サザンオールスターズの桑田圭祐さんはそれを体現しているのかもしれない。イチローさんとかも。ああいう大人がいっぱいいたら、若者たちも夢を持つようになるはずですよね。

大学や企業のブランドにこだわるのではなく、
世界の一員としての意識を

現状では、「憧れ」だけで会社を選ぶ学生も多いと思います。

たしかに、この企業で働けたらかっこいいと感じるところもあるだろうけど、そこに入って自分が本当に幸せになれるかはわからない。自分にとって何が幸せなのかを真剣に考えないといけないと思います。親の世代から名前もロゴも変わっていないし、イメージもさほど変わってないような大手企業も多いですが、日々環境は変化していますから、親が描いている企業イメージと実際は乖離しているケースも沢山でてきている。そこに大部分の学生は気づいていないのではないでしょうか。本当にやりたいことがあるのであれば、規模が小さい会社に入り、その会社を大きくしてゆくという道もあります。それを恐れてはいけない。そうした、これからチャレンジする若者への大人の見方や意識も変えてゆかねばならないと思います。

最後に学生へのメッセージをお願いします

そもそも世界的見地からすれば、早稲田や慶應も無名な大学に過ぎません。世界に出て、Waseda Universityを卒業したと言っても、知らない人がほとんどですよ。ですからもっと自分自身をグローバルに客観視して、大学のブランドや企業のブランドなどにこだわるのではなく、世界の一員として自分はこれからどう生きるのか、何をすべきなのかということを改めてよく考えて欲しい。日本が元気をなくしてしまっているのは、私たち大人の力不足も原因だと思いますから、責任は感じています。だからこそ、これから「私たちと皆さんで一緒に日本を元気にしてゆこう!」と呼びかけたいですね。

株式会社マクロミル

事業内容:インターネットを活用した市場調査(ネットリサーチ) 等
所在地:[本 社] 〒108-0075 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
    [関西支店] 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3-3-10 梅田ダイビル 9F