「ユーザ中心」こそが 21世紀の本質的テーマ

起業を決意した際に、企業とは何か、何のために存在するのか、そして自分たちが何をするべきかを徹底的に考え抜きました。私が導きだした結論は「社会的課題を解決すること」でした。グローバル企業の創業記を読み漁り、彼らは皆、当時の課題を解決することで変革を成し遂げたという点で共通していることに気付いたのです。20世紀、多くの企業はモノを行き渡らせるという社会的課題を解決するために設立されました。モノがなかった時代には、モノをとにかく生産し、供給することが必要だったわけです。先進国にいる私たちが現在モノに困るということがないのは、彼らの努力のおかげです。20世紀の課題を解決したそれらの企業同様に、21世紀の課題を解決することが21世紀に創業する自分たちの使命だと考えました。
では、21世紀の課題とは何か?私は「量から質への転換」こそが本質的課題であり、そのためには「ユーザ中心の社会づくりが必要だ」と考えました。モノが行き渡るようになると、企業は他社との差別化に注力するようになります。その結果、多機能過ぎてユーザが使いこなすことのできない製品や、過剰なサービスが価格に転嫁された状況などが生まれます。一方、ユーザはより質の高いものや自分に合ったモノを求めるようになり、ニーズが多様化していきます。また、これらを取り巻く社会環境においては情報化社会が到来し、企業側からの一方的な情報発信だけでなく、ユーザが能動的に情報を発信したりコミュニケーションしたりして、自分で意思決定していくという状況が生まれてきています。この流れは、我々人間の生活の中にどんどん浸透していき、止まることはないと考えられます。このような潮流において、人間の行動特性やニーズの徹底した理解を基盤とした新しい企業経営が必要になると考えたわけです。「ユーザ中心の社会」という、当たり前の根本にもう一度立ち戻ろう。それこそが、私たちビービットの掲げている企業理念です。

企業へ「ユーザ理解」の重要性を伝える
ユーザ中心コンサルティング

創業当時、インターネットが既存のビジネス構造を根底から変革し、今後のビジネスの主戦場になっていくと確信していました。インターネットの世界ではユーザが意志を持って行動するため、ユーザの心理や行動特性を理解した上でコミュニケーションを取らなければ企業は成果を上げることができません。そこから、「デジタルマーケティングの領域であれば、ユーザ理解によって大きな成果を出すことができ、企業に『ユーザ中心』の重要性を伝えることができる」と考え、現在のビジネスモデルに到達しました。
ビービットの提供するコンサルティングサービスは、一般的なコンサルティングファームと同様に、クライアント企業のマーケティング戦略の立案、実行支援をおこなっていますが、従来の手法とは仮説検証のスタンスやアプローチの仕方が大きく異なります。通常、コンサルティングと聞くと、事業内容や市場環境、競合といった、クライアント企業にまつわる情報を徹底的に収集・分析し、課題とその対策について提案することを想像されると思います。私たちは、クライアント企業への一般的な理解に留まらず、徹底したユーザの行動観察を通して、「ユーザ心理の解明」と「仮説検証」をおこないます。こうして得られた企業とユーザ双方の深い理解に基づき、両者を結びつけるコミュニケーション全体の設計・実行支援をおこなっています。

人間の「心理・行動」を 追求する新しい コンサルティングの形

具体的には、まずターゲットとなりうる人にインターネットを実際に使用してもらい、その状況を詳細に観察する「ユーザ行動観察調査」を全てのプロジェクトで実施します。初回の行動観察調査で、ターゲットユーザがどのような経験や知識を持っているか、そしてどのようなニーズがあるか、あるいはどのような不安を抱えているかという心理状態を探っていきます。このプロセスを通して明らかになったユーザの心理状態やニーズ、行動特性に基づくコミュニケーション仮説を立案します。この仮説を再度行動観察調査で検証し、精緻化していきます。仮説検証のプロセスを繰り返し徹底的におこなうことで、確実な成果につながるマーケティング戦略を構築しています。
その結果、サントリーやホンダ、日本経済新聞など誰もが知る大手企業から、Yahoo!JAPANやライフネット生命、星野リゾートといった先進的な取り組みをおこなっている企業まで、数多くのクライアントのプロジェクトで成果を上げてきました。また、成果を出し続けることで「ビービットに依頼すれば成果が上がる」と繰り返し依頼をいただくことも増えてきました。

時代を先取る進化を続け、本質的価値を生み出す存在になりたい

私たちは10年以上「どうすればユーザを深く理解できるか」ということを徹底的に追求してきました。今後は、これまで以上に「ユーザ中心」「顧客中心」という考え方を広めていきたいと考えています。
現在、デジタルが人間の様々な生活場面に入り込み、接触するチャネルが多様化したことで、ユーザの生活・行動特性は劇的に変化しています。私たちの提供するサービスにおいても、こうした時代の変化を先取りしたサービスを創造し、社会に新たな価値を提供していくことが必要不可欠です。そのため、個人レベルはもちろん、組織としても、変化を機会と捉えチャレンジし続けることを大切にしています。新たな調査手法の導入による一層深いユーザ理解の実現や、従来のマーケティング領域のサービスに加えて、企業活動そのものを「経営」レベルからユーザ中心に変革するためのサービスも始動しています。既存のサービスを進化させ、自らの新しいサービスで置き換え続けることで、世の中へより本質的な価値を提供し、「ユーザ中心」社会への変革を成し遂げたいと考えています。