「世界をあっと言わせるものを作ろう」

学生時代はどういったことをされていましたか?

将来の方向性を決めるべく、いろいろなことを経験しました。 総理大臣になろうと思って弁論部に、広告代理店に入ろうと思ってイベントサークルに、 キャピキャピしようと思ってテニスサークルに入りました(笑)。その後、何のために生まれてきたのかを考えようと思ってインドを旅しました。転機となったのは、アメリカズカップ日本代表艇の設計チームに参加したことでした。日本中から各分野の技術の最高権威が集まるプロジェクトでした。 世界中の国を相手に、最先端のテクノロジーを結集させて世界と勝負することに興奮を覚えました。いつか自分が先頭に立って戦うぞと思ったのです。

どういった経緯で、インターネットに興味を持ったのですか?

修士論文の時期に、ちょうどブラウザが世に登場した頃で、勉強するよりも、自分でいろいろプログラムを作り始めました。 ネット上のフォーラムで呼びかけて集まった仲間たちとの出会いをきっかけに起業し、 日本最初期の日本語検索エンジンを開発しました。 その後も「世界をあっと言わせるものを作ろう」という呼びかけのビラを東大の至るところにまで貼って、学生たちに参画を呼びかけました。結果、東大・早慶の学生が集結し、 トップクラスの学生を対象としたインターンシップ事業にまで発展していきました。その後も、某IT系企業の有名な社長から直々に技術を1億円で買いたいと言われましたが、大人に買われたくないと思って断りました。

できあがった大企業に行く人は、
幕末期に幕府に仕えるのと同じ

普通に大企業に就職するという考えは一切なかったのですか?

なかったです。今の世の中って、知識革命と言われるくらい産業構造が変化するタイミングだと思っています。百年のスパンで見ると、今はすごく面白い変革の時期ですよ。 ビジネスの中で、革命が簡単に起こせる時代になります。現在、優秀な学生で、できあがった大企業に行く人は、幕末期に、幕府に仕えるのと同じかもしれません。時代が見えていない人が多すぎる気がします。

アメリカでは優秀な学生はベンチャー企業に行ったり、起業したりするそうですが、日本との違いはどこにあるのでしょうか?

メンター(相談役)の存在に違いがあると思います。博士課程を中退したとき、ある個人投資家の方にシリコンバレーに連れて行かれ、投資家相手にプレゼンしたことがあります。そこでは私のビジョンが大いに受け入れられ、足りないところはおれたちが埋めるから、とにかくお前はヒーローになれと言われました。アメリカでは、できないところを周りがサポートするという発想なんですね。一方、日本では、あげ足取りの細かい質問ばかりされました。 ダメなところを指摘して、実現の難しさばかり指摘してきます。そのせいもあり、そもそも日本のベンチャー企業の層が薄いので、学生が興味を持たないのも仕方ない気もします。

御社はスタンフォード型の魅力的なベンチャーだと思うのですが、事業内容について詳しく教えてください。

私たちの会社ではミッションに「Make Internet “Hotto”」を掲げています。 もっと人にやさしいインターネットを実現することが事業の目的です。 エージェントサービスをSaaSの形で提供しています。 具体的にはAmazonのようなおすすめ機能(レコメンデーションエンジン)をサイト向けに提供しています。 こちらも、数学、人間工学、心理学、情報工学、コンピュータアルゴリズムの各分野の英知を結集して開発しています。 ウェブ上に店員を派遣するようなイメージです。 プログラムなので24時間365日稼動しますし、下手な人間より学習能力が高く、活躍してくれます。 他にも、クチコミ分析エージェントという、マーケットリサーチを一瞬でできる機能もあります。 これは、次世代検索エンジンでもあり、情報の在り処を探すのではなく、 その情報を要約して何が言われているのかを調べるための道具です。 人間の新聞記者が調べるよりもプログラムの方が神の視点で遍く分布するトレンドを正確に把握できます。 このように、インターネットを知能化させることで、人へのやさしさを実現しています。

「これから、世界に革命を起こすところなんですよ」

今後のホットリンクのビジョンを教えてください。

もっと人にやさしい、賢いエージェントサービスを蓄積していきたいと思っています。 これから、世界中に革命を起こすところなんですよ。究極的には人間を進化させることをしたいと思っています。 人間は携帯電話によって、千里眼や地獄耳を手に入れましたよね。ITは人間の五感の拡張につながります。 それによって世界中の人とつながれるし、世界中の人の知恵を使えるようになる。世界をあっと言わせるために、どこにもできないサービスを世の中に提供していきたいです。

最後に、学生に対するアドバイスをお願いします。

勉強が好きな人が多いですね。たしかに、学びたい欲求は良いことです。ただ、問題は「受身な教育」に慣れすぎていることです。インターネットの草創期には、教えてくれる人なんていなかったので、自分が面白いと思うことをやっていれば、結果的に学んでいるという状態でした。これからも受身な教育に慣れた延長で、大企業でのんびり研修を受けている場合じゃないでしょう。ベンチャー企業では一年中毎日が「テスト前状態」です。 それだけ能動的に集中してやり続ければ、間違いなく成長できますよ。 大企業かベンチャーか問わず、自分がチャレンジする気持ちがあれば、いくらでも学べるはずです。自分もわくわくすることをやっていただけです。 ワクワクすることに、そのときそのとき必死に取り組めば、次第に目線が上がり、視野が広がります。 夢や目標なんて無理に持つ必要はありません。常にワクワクできる何かを見つけ、必死で取り組むことが大切です。

株式会社ホットリンク

事業内容:エージェントサービスのSaaS事業・レコメンドエンジンSaaS事業・口コミ分析SaaS事業・キャラクターエージェント派遣SaaS事業
所在地:〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-26 一ツ橋SIビル 4階