企業のマーケティングは構造変化の時代に

100年に一度レベルの大変革がマーケティングの世界で起きていると感じます。マーケティングの大御所であるフィリップ・コトラー教授は、「2030年にはマーケティング費用の半分がソーシャルメディアに回る」と予言しています。ソーシャルネットワークの進化により、多くの人々がインターネット上で繋がり、双方向にコミュニケートするようになりました。いま企業には、消費者に対する一方的な発信ではない、双方向のコミュニケーションを実現できる能力やセンスが求められています。また、スマートデバイスの普及によって、人々がソーシャル上で過ごす時間は増加の一途をたどっており、マスメディアへ一極集中していた情報へのアクセスは、細分化された多数のメディアへと分散するようになっています。そのため企業は、マスのセグメントではなく、小さなセグメントに細かくリーチできるようになり、さらに、大量のアクセスデータやサイト訪問履歴、ソーシャル上の交友関係、各種アクティビティなどのビッグデータから、ターゲットユーザにマッチしたコミュニケーションをそのつど最適に設計することも可能となりました。ゆえに、これからのマーケターにはデジタルツールを使ってデータを解析する力がより必要とされるのです。

「生活者が中心」の社会が実現することのインパクト

今や社会インフラとなったソーシャルメディアは、企業活動を正しい方向に導く力を持っています。ソーシャルメディアによって生活者の生の声が簡単に共有されることで、正直で誠実な企業、知名度によらず良い商品・サービスを持っている企業が世の中に伝わります。逆に不誠実な企業や粗悪な商品・サービスは、宣伝広告にどれだけお金を投じても普及することはありません。また、企業は生活者と直接コミュニケーションを深めることで信頼関係を構築し、研究開発・商品開発・マーケティングといった企業活動のあらゆるプロセスにおいて生活者を巻き込むことが可能になります。企業がソーシャルメディアを通して、生活者にパートナーとして接するようになれば、生活者を無視したために起こる商品開発の失敗やマーケティング上の無駄なコストも減らすことができるでしょう。企業活動と生活者が繋がることで、企業全体の収益性が上がり、ひいては社会全体の効率性が上がると信じています。

ソーシャル革命に伴う大きな事業機会

インターネットはサーバとサーバを繋ぐテクノロジーで、そこに構築されたプラットフォーム上にリアルな小売店がお店を構えることでEコマースを、証券会社がネット上で株式を取引することでネット証券を生み出してきました。一方、ソーシャルメディアは人と人を繋ぐテクノロジーです。サーバをベースにあらゆるものが繋がったネット革命の時代ののち、人をベースにあらゆるものが繋がるソーシャル革命が今まさに起きています。10数年前のインターネットビジネス黎明期にさまざまな企業が誕生して発展していったように、ソーシャルテクノロジーのフィールド上に、さまざまな事業機会が存在しています。これまで数多くのソーシャルメディア構築や運用をサポートして得られた知見や事例データを持つ私たちは、大きなチャンスを目の前にしているとも言えます。

先人のいない黎明期を創る気概をもって

ソーシャルメディアマーケティングはまだまだ黎明期にあります。米国ではオバマ大統領の選挙でソーシャルメディアの威力が認識され、世の中に浸透するきっかけとなりました。日本でも2013年夏の参議院選挙でネット選挙が解禁され、ソーシャルメディアがさらに広く普及していくタイミングを迎えています。10数年前にグーグルをはじめ現在のインターネット分野の大手企業が先人のいない黎明期の産業を創っていったように、ソーシャルメディアマーケティングの世界には、今まさにソーシャルテクノロジーがベースとなる時代の、新産業創造の担い手になる醍醐味があると思います。アライドアーキテクツは、ソーシャルメディアマーケティング専業としては最大手の一角を占め、ソーシャルメディアマーケティング支援のプラットフォームとなる『モニプラ』を中心に、さまざまなサービスを提供しています。また、国内外の事例や最新動向を紹介する『ソーシャルメディアマーケティングラボ』(SMMLab)も運営し、業界のスタンダードを創っていく気概をもって仕事をしています。航海に例えると、誰だかわからない他人が創った完成された船に乗るよりも、小さくても自分たちで船を創っていきたいと思えるような人には、是非ソーシャルメディアという大きなフィールドにて、自由な発想で活躍してほしいと思います。

●採用サイト  http://recruit.aainc.co.jp/
●2015年度採用Facebookページ  https://www.facebook.com/AlliedArchitectsRecruit
※ Facebookページでは社員紹介や会社の雰囲気、
 今後の採用イベントなどの情報を発信しております。

アライドアーキテクツ株式会社

VISION 「一流ベンチャーたれ」
MISSION 「ソーシャルテクノロジーで、世界中の人と企業をつなぐ」

企業の時代から消費者の時代へと、市場にパラダイムシフトを起こしたソーシャルメディア。アライドアーキテクツはそのソーシャルメディアを活用し、消費者と企業をつなぐデジタルマーケティングを総合的に支援するソリューションをワンストップで提供している。マーケティング戦略の策定から、実行支援までコミットし、クライアントの事業拡大に貢献している。約100万人のソーシャルユーザーを持ち、2500社への支援実績は、業界トップクラス。国内で磨き上げられたデジタルマーケティング手法を海外へと発信するフェーズに入っている。

アライドアーキテクツ 2015年新卒採用セミナー開催中!
『消費者時代におけるソーシャルメディアマーケティングの可能性とは?』
ぜひご参加ください。