日本の将来を変えるのは若い人たちの「志」

この20 年間日本のGDP は成長せず、政治や経済の問題で、国全体が活力を失っています。そんな中、世の中が悪いとか政治家が悪いとか、景気が悪いとか、そんな愚痴を言っても自分の器を小さくするだけです。愚痴では何も世の中は良くなりません。こういう時こそ、日本をもう一度よみがえらせるために、高い志のもとに多くの若者たちが結集して、自分たちの世代が頑張って、もう一度世の中を明るくしていくのだという気概を持つことが大切だと思います。


「志高く」これが私の人生の座右の銘です。夢と志は違います。夢は漠然とした個人の願望であり、志は個々人の願望を超えて多くの人々の夢を叶えようとする気概です。夢はこころよい願望だが、志は厳しい未来への挑戦です。夢を持つなんて程度で終わらずに志を高く持たないといけない。


私がそう考えるに至るきっかけは15 歳のときに読んだ『竜馬がゆく』(司馬 遼太郎著)でした。そして、私にとっての脱藩は、16 歳のときに病気の父親をおいて渡米したことです。何を成したいかは見えなかったが、何かでっかいこと、多くの人を助けたい。自分や家族の私利私欲じゃなく、人生を燃えたぎらせ、ひきちぎれるほど頑張ってみたい。その想いが強烈に芽生えてしまったのです。
渡米後は死ぬほど勉強しました。トイレでも道歩くときも教科書を読み、寝る時間以外は全部勉強に費やしました。そんな日々を送る中、ある日突然、雑誌で見たマイクロプロセッサの写真に衝撃を受けました。人類は脳の働きを超えるかもしれないものを創造したという事実を知り、これからどのように人類社会が発展するかを想像し始めて、おそろしい衝撃を受けたのです。それをきっかけに、その後1 年間で250の発明を考案し、世界初のポケットコンピュータ(音声機能付自動翻訳機)を教授・研究員とともに開発しました。その結果、大学在学中に当時の金額で3 億円以上稼ぎました。でも、もっとでかいことをやりたい、と考えて当時の会社は売却して帰国したのです。


しかし、帰国後1 年半は悩みに悩み続けました。自分の人生をどういう人生にするかを安易に決めたくなかったのです。自分が決めた仕事をころころ変えるのは効率が悪いからです。自分のエネルギーをどこに費やしたらいいのか。自分が登りたい山はどこか。自分の志は何なのか?その中でも、事業家を志すことだけは、はっきりしていました。自分の技術、知識、情熱で何百万人、何千万人の人の役に立ちたい。そして常に何か技術革新があり、冷めない情熱を一生持ち続けられるテーマとは何か。行き着いた結論は、デジタル情報革命。「デジタル情報革命で、知恵と知識の共有を推進し、人類に貢献する」ことでした。


デジタル情報革命という志を見つけ、挑戦し続けたこれまでの30 年

30 年前に掲げたビジョンは、豆腐のように1 兆( 丁)、2 兆( 丁) と数える規模の事業をやりたい。そして、世界中の人々に情報革命を起こす、ということでした。しかし、アルバイトの社員2 人の前で熱く語ったら、1 週間後に2 人とも辞めてしまいました。
会社設立後1 カ月でエレクトロニクスショーへの出展とカタログ出版に全財産を費やす大勝負に出ました。全く反応がなく万事休すかと思いきや、1 週間後に上新電機から電話があり事業提携を結ぶことができ、1 年で年商20 億円になりました。順調な滑り出しと思っていましたが、私に重大な病が発覚し、その後3 年半の間、入退院を繰り返しました。社員も取引先も去り、資金難もあり、メディアから広告掲載を拒否されるなど苦難の日々が続きましたが、何とか乗り越えて30 代を迎えました。大きな軍資金を手にするために株式公開をし、インターネット先進国のアメリカに行くと決意しました。上場当時は時価総額二千数百億円の規模にも関わらず、800 億円で世界最大の展示会コムデックスを運営するThe Interface Groupを買収しさらに、コンピュータ業界で世界最大の出版社ジフデービスを2300 億円で買収するという二度目の大勝負に出ました。これから来るインターネットの新しい時代を航海し切り拓くためには、地図とコンパスが必要だと考えたからです。宝探しに行くのに一番必要なものを手にしたおかげで探し当てた宝がヤフーでした。当時、アメリカで創業したばかりで社員6 人のヤフーに百億円を投資して筆頭株主となり、同時にヤフージャパンを設立しました。40 代はもうひと勝負すると決めていましたから、まずはブロードバンド事業に参入しました。当時、日本のインターネット環境は世界一遅くて、高いと言われていたため、何とかしたいと思ったからです。日本のインターネット業界全体、全ユーザのために、何とかしようと考えました。この時、自分の志は何だったかを改めて考え直し、デジタル情報革命のために人生を捧げているわけだから、日本を世界で最安、最速のインターネット環境にしようと決めたのです。


「金もいらない、地位も名誉もいらない。命ですらいらない。そんな男が一番厄介だ。そんな厄介な男じゃないと大事は成せない」幕末の西郷隆盛の言葉です。
私たちも大事を成すために、厄介な存在になろうじゃないかと。当時の最大手インフラ企業に比べて約半分の料金で、5 倍の速度のサービスをやろうと、儲けを度外視した事業計画を立て、「日本をブロードバンド先進国に」という志のもと行動しました。もともと、独占的なシェアをもった企業がやらないのであれば、自分たちがやるしかない。そう考えてスタートしました。最悪、自分たちが押しつぶされても、日本のブロードバンドの夜明けが来るなら、それはそれで目的が達成できるなら良い。新しい時代が来ればそれで良いじゃないか。革命というのはそういうものだ。そういった覚悟がないと事は成せないと真剣に思ったのです。その後、年間1000 億円ずつ4 年間赤字を出しながら、血反吐を吐く思いで頑張り、結果、世界最安、最速のブロードバンド環境を実現できました。


40 代のもう一つの勝負はモバイルインターネットです。当時、時価総額2 兆円のソフトバンクが、ボーダフォン日本法人を現金2 兆円で買収しました。国内史上最大規模の企業買収でした。純増契約数No.1を実現するために、端末、ネットワーク、ブランディング、コンテンツの課題を克服していきました。その結果、一気に契約数を伸ばしました。iPhone なども契約増の要因となりました。3 年連続純増1 位になり、累計契約数も増加の一途を辿ったのです。


現在の中長期方針は、モバイルインターネットNo.1、そしてアジアインターネットNo.1 です。産業革命の段階的発展を振り返ると、第一次はイギリス中心・軽工業中心で、第二次はアメリカ中心・重工業中心でした。今は、第二次産業革命の末期で、中心は中国・インドに移り、日本の競争力が弱まっています。これから日本が工業生産国家として競争力を取り戻すことはありえないでしょうが、唯一復活できる分野は人口数ではなく頭脳で勝負する分野。つまり、IT です。第一次IT 革命は、アメリカ中心・PC 中心でしたが、第二次IT 革命はアジア中心・モバイル中心です。モバイルを制するものがインターネットを制する、アジアを制するものが世界を制する時代の到来です。
携帯電話ではなく、モバイルインターネットと言われる時代になるでしょう。そして、アジアが重要な時代になります。GDP の世界第2 位は中国です。インターネット人口も、2015 年には中国を中心としたアジアが全世界の50%を占めます。ソフトバンクグループは既に、中国のインターネット分野で、企業間e コマース(アリババ)、オークションサイト(タオバオ)、オンライン決済(アリペイ)、SNS サイト(レンレン)といったグループ合計で最大規模のユーザーを獲得しています。


300 年企業へ。これからのソフトバンクが見すえる未来とは

私たちが何のために事業をしているのか、何を成したいのかを短い言葉で表せば、「情報革命で人々を幸せに」につきます。
創業者である私の最も重要な役割は、300 年以上続くソフトバンクグループのDNA の設計です。創業からの30 年は300 年の中での第1 チャプターで、次の30年は第2チャプターにすぎません。


300 年先を見るために、300 年前の人々がどうだったのかを考えてみましょう。
300 年くらい前からちょうど産業革命、工業革命が始まりました。蒸気機関がつくられ、製鉄法、紡績機ができ、蒸気船、鉄道が開通し、まさに文明開化の時代でした。圧倒的な動力により人間は自らの筋肉の能力を延長させ、機械により人々のライフスタイルは圧倒的に変わりました。19 世紀初頭には、機械が人間の職を奪う邪魔なもの、怖いものだという、大きな反動もありましたが、現在の私たちの生活を見ると、機械と人間が共存し、機械の優れた能力を使いこなしています。人間は過酷な重労働や危険な作業から解放され、機械によって水道が掘られ、衛生が良くなり、人々が亡くなる原因も減ってきました。平均寿命が今日、延びてきたのも産業革命のたまものでしょう。過去300 年は機械によって人類の生き方が大きく変わるパラダイムシフトがありました。


では、これからの300 年間はどうでしょうか。本当の意味での情報のビッグバンが起きる、今はまだその入口ではないかと考えます。コンピュータの計算能力が過去100 年間で3500 兆倍のコストパフォーマンスになっています。コンピュータの基本的な原理は二進法です。実は人間の脳細胞もまったく同じメカニズムで、脳細胞にあるシナプスが「くっつく・離れる」という二進法で計算したり考えたりしています。人間の大脳には約300 億個の脳細胞がありますが、ムーアの法則に基づいて計算をすると2018 年にワンチップに入るトランジスタの数が300億個を越えます。100 年後にはコンピュータが人間の脳細胞の機能をはるかに越えることは間違いない。これからの300 年、人類は人間の脳を超えるものが初めて地球上に生まれるという人類史上最大のパラダイムシフトを体験するでしょう。


コンピュータの進化により、脳型コンピュータが生まれ、当たり前になると想像します。プログラマがプログラムして初めて計算できる従来のコンピュータと違い、脳型コンピュータは、人間の脳のように自分でデータ(知識)を集積し、自ら学習しながらプログラムしアルゴリズム(知恵)を獲得していく全く新しいコンピュータです。さらに「優しさ」「愛情」といった高い次元の感情を持った超知性の実現が、脳型コンピュータの正しい進化の姿だと思います。人間が人間を幸せにするように、機械が人間を幸せにするように、超知性のコンピュータが人間を幸せにするために共存していく社会を実現したいと思っています。


では、300 年後の世界では超知性を使い、どんな幸せを実現できるようになるか。人間とコンピュータが共に医療技術の高度化に取り組んだ結果、DNA 治療や人工臓器が一般化され、人間の平均寿命が200 歳になる時代が来る。また、人間の脳から手足につながる微弱な電流を使って通信する機能を使い、時計やピアスに組み込まれたチップを付けた人間が、体をいわば通信媒体にして脳とコンピュータで相互通信を行う時代も必ず来るでしょう。中国語、フランス語、英語など異なった言葉も自動翻訳して、まるでテレパシーのようなコミュニケーションもできるようになるでしょう。300 年後のソフトバンクは、携帯電話会社ではなく、テレパシー通信カンパニーになっているかもしれません。また、脳型コンピュータが筋肉(モーター)と合体するとロボットになります。脳型コンピュータを搭載したロボットは一般化し、例えば災害救助や医療現場や家事でも大きく役立つでしょう。脳型コンピュータが新しい発明、新技術を生み出し、未知のウイルスや天災など、人智・叡智を超えた難題も解決できる時代が来るかもしれません。そんな優しさを持った知的ロボットと共存する社会を実現したいと思います。


30 年ビジョン「情報革命で人々を幸せに」

そうした300 年ビジョンをふまえて、次の30 年について語ります。コンピュータのチップの数は脳細胞の10 万倍になります。さらにそのチップは、今日現在の100 万倍のメモリ容量で、300 万倍の通信速度で通信できるようになる。30年後のiPhoneには楽曲が5000億曲、新聞データなら3 億年分、動画にしても3 万年分入ります。実質的に無限大の情報・知識・知恵を格納できるストレージができます。さらに音楽なら1 秒間に300 万曲分のデータをクラウド(インターネット上の大型コンピュータ)からダウンロードすることができるようになる。ライフスタイルが劇的に変わります。情報はデジタルが当たり前になる。電化製品だけでなく靴やメガネなど、あらゆるものにチップが入り、無限大のクラウドと超高速のネットワークでつながり、「見る」「学ぶ」「出会う」「遊ぶ」などさまざまな感動の体験が進化します。教育はもちろん、医療、ワークスタイルも徹底的に変わります。そういう中で私たちは、人類のそして人工知能のあらゆる知識と知恵を徹底的にクラウドに蓄積して人類最大の資産とし、世界中に生まれる最先端のテクノロジー、最も優れたビジネスモデルを持つ同志と一緒になって、ライフスタイルを革新していきたいと考えます。私たちは30 年後に世界の人々に最も必要とされるテクノロジーやサービスを提供する会社でありたいと思います。


ソフトバンクの事業領域は「情報産業」です。しかし、特定のテクノロジーやビジネスモデルにはこだわりません。特定のものを300 年間変わらず持続することは難しいため、その時代、時代で、世界で最も優れた企業とパートナーシップを組むことで、300 年のスパンで成長できる企業集団を目指します。
会社が進化し続ける構造、それは戦略的シナジーグループです。20 世紀の会社組織はピラミッド型の中央集権で大量生産、大量販売を目指すのが普通でした。私たちのグループはWeb 型組織、つまり中央集権ではなく、戦略的シナジーグループがどんどん分散・分権して、お互いに自律して協調しあうような自己進化、自己増殖が可能なグループです。30 年以内にグループ企業を5000社規模に拡大します。


そして、60 代で次の世代に事業を継承します。次の時代を担う後継者の発掘・育成のため、ソフトバンクアカデミアを開校しました。グループ内外から生徒を募り、私自身が初代校長として責任を持って運営します。後継者を10 数年かけて、直接私が指導する育成プログラムです。金を残すよりも、名誉を残すよりも、人を残したい。人に志を残したい。これが私の想いであります。


志高く「登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる」

皆さんにこれだけは伝えたい。
志高く。坂本竜馬いわく、「世に生を得るは事を成すにあり。」人生一回きりしかないのだから、この時期に自分が登りたい山を決めてほしい。自分の人生を何に懸けたいのか自問してほしい。「登りたい山を決める。これで人生の半分が決まる」目指すべき山を決めずに歩くのは、さまように等しい。自分は何をもって事を成したいのか?その1 点だけは決めてほしい。


会社とは何か?会社とはカンパニーです。パンを一緒に分け合う仲間という語源ですが、もっと大事なのは、志を共有する仲間だということです。一人で登る山も素晴らしいが、一緒に登る山はさらに大きくて楽しい。


病床にいたときに、笑顔が見たいと思った。家族の笑顔が見たい。社員の笑顔も見たい。お客様の笑顔も見たい。見ず知らずの遠い異国のどこかの少女が「ありがとう」と感謝してくれたらいいなと思った。究極の自己満足は、エゴのための満足じゃなく、見ず知らずの遠くの人から、「ありがとう」と小さくつぶやいてもらうこと。余命5 年と言われ病床で泣きながら思った結論だった。
すべてはこの一つのために凝縮できます。「情報革命で人々を幸せに」