クックパッド生活全体の変革に挑む日本最大級のレシピサイト運営企業

【企業概要】

クックパッド株式会社とは、日本最大の料理レシピサイト『クックパッド』を運営している企業である。日常生活で作業になりがちな料理が楽しくなるきっかけを、「いかにつくれるか」を考え、1998年に『クックパッド』のサイトがオープンしてから運営を行ってきた。

「料理を通じて、世界中を笑顔でいっぱいにする」という理念のもと、世界中にサービスを展開しようと事業を拡大している。2014年1月にはスペインのユーザー投稿型レシピサービス「Mis Recetas」の事業を譲り受けるなどしたため、日本だけでなく、英語圏やスペイン語圏、インドネシア語圏に属する10億人に向けてサービス提供をすることが可能になった。クックパッドの目標ユーザー数は1億人。各国の各サービスに日本の『クックパッド』の運営ノウハウを共有することで、目標を達成する計画だ。

【事業内容】

『クックパッド』

『クックパッド』は1998年に料理レシピの投稿検索サイトとして誕生した。現在の投稿レシピ数は163万品以上、月間利用者数は4134万人だ。利用者の食に関する関心も多様化する中で、生活者の興味関心に合った商品・サービスの価値訴求を行っている。2014年1月末のプレミアム会員数は、120万人。20~40代女性における同サービスの認知は高いものの有料サービスの認知には高くないため、プレミアムサービスの認知、そして内容充実が今後の課題となっている。

マーケティング支援

同社は、『クックパッド』を活用した食卓マーケティングも行う。『クックパッド』は20~30代女性の8~9割が利用しており、これを食卓に換算すると2000万人の食卓に相当する。同サービスは、2000万人の食卓に影響を与えるメディアとしての価値にも注目が集まっている。マーケティング支援の対象は食品だけでなく、調理器具、家電などの関連分野も含めて、食に関する商品・サービスだ。支援の内容は、新商品のトライアル販促、ロングテール商品の認知拡大などである。

新規事業

レシピサイトの『クックパッド』は「食」という形で「世の中にもっと笑顔をふやすこと」という目標を達成しようとしている。同社は、これから「食」だけでなく「生活」という1ステップ先へ踏み出し、収益拡大を狙う。新サービスのリリースや子会社の設立は、「食」の周辺領域だけでなく、『漢方デスク』や『レター』など「生活全般」に渡る。同社はこれから、暮らしの中で「困っている」ことを「楽しいこと」に変えるため、新しいサービスを生み出そうと日々挑戦をし続けるだろう。

============================================================
総合職選考ステップ:
エントリー→Webテスト・面接(順序は個別に異なる)→内定

開発職選考ステップ:
エントリー→試験または課題→面接(2~3回)→内定
============================================================

▼選考アドバイス▼

ログイン

Goodfindアカウントでログイン

パスワードを忘れた方はこちら

facebookアカウントでログイン

会員登録

Goodfindに新規会員登録する

「Goodfind のセミナー参加」「企業へのエントリー」「記事閲覧」には会員登録(無料)が必要です。会員登録の所要時間は約3分、Facebookアカウントでの登録なら数秒で完了します。


※Facebookアカウントで会員登録を行なっても、
ニュースフィード上には表示されません

エンジニア志望の学生はこちらから会員登録

インターネット業界の情報