LINE「人」と人、「人」とサービス、「人」とモノなど、つながりの可能性を追求

LINE 企業情報

「人」と人、「人」とサービス、「人」とモノなど、つながりの可能性を追求

LINE株式会社は、2013年4月に発足した、韓国最大のインターネットサービス会社NHN株式会社の日本法人。旧NHN Japanの会社分割の際、新設するNHN Japan株式会社にゲーム事業を承継し、メールアプリやキュレーションプラットフォームなどのウェブサービス事業を請け負うこととなった。なお会社分割後に社名が変わったが資本関係には変更がなく、韓国ネイバーの100%子会社のままである。本社は東京都渋谷区。

成長中のキュレーションサービス・ソーシャルメディアを提供する企業としてグローバルな生活インフラを目指すLINE。インターネット業界必須の『スピード』と『クオリティ』を重視している。スピード感を持ってクオリティを出すために、『柔軟性/フレキシビリティ』も重要になる。激しい変化の中でチャンスを見つけ、成長できる環境であると言える。

主なサービスとしては、LINEのほか、livedoorやNAVER、NAVERまとめなどがある。

LINE

モバイル・PCに対応したインスタントメッセンジャー。ユーザー同士であれば、国内外や通信キャリアを問わず通話機能やメッセージ機能を無料で利用できる。2011年6月のサービス開始以来、230ヵ国3億人に利用されているグローバルサービスへと成長した。 電話番号登録のみで利用を開始できる単純さと、1対1の閉鎖空間でのコミュニケーションがfacebookのようなオープンSNSになじめないユーザーを捕捉したことが利用者急増の要因とされており、今やFacebookやtwitterに並ぶソーシャルメディアとして幅広い年代からの支持を得ている。国内では、首相官邸や党公式アカウントなども開設された。有名人やブランド、店舗アカウントを追加することで、最新情報やクーポンが手に入れられるという利点もある。

ユーザーが作ったLINEスタンプを販売できるプラットフォーム「LINE CreatorsMarket」が全世界で開始された。40種類を1セットとして100円で販売でき、売上の50%が作者に分配される仕組みとなっている。

livedoor

かつて株式会社ライブドアが運営していたポータルサイト事業を、会社統合を経てLINEが受け継いだもの。コミュニティサービス「livedoor Blog」や、情報メディア「livedoorニュース」を提供している。

NAVERまとめ

画像・動画・テキスト等様々な情報をユーザーが独自に収集して組み合わせ、ひとつのページにまとめてインターネット上に公開できる日本最大級のCGM型Webキュレーションサービス。編集者個人の視点、経験、価値観が加味されて集約された情報が公開されるため、同じ視点を持つユーザーにとってより有益な情報となりやすい。アクセス数に応じて、ユーザー(ページ編集者)が一定のレートに基づいて換金された報酬を得られる独自の広告システムを展開している。

============================================================
選考ステップ:エントリー→書類選考(課題提出)→一次面接→二次面接→三次面接→最終面接→内定 ※選考に関係しない説明会有
============================================================

▼選考アドバイス▼

ログイン

Goodfindアカウントでログイン

パスワードを忘れた方はこちら

facebookアカウントでログイン

会員登録

Goodfindに新規会員登録する

「Goodfind のセミナー参加」「企業へのエントリー」「記事閲覧」には会員登録(無料)が必要です。会員登録の所要時間は約3分、Facebookアカウントでの登録なら数秒で完了します。


※Facebookアカウントで会員登録を行なっても、
ニュースフィード上には表示されません

エンジニア志望の学生はこちらから会員登録

インターネット業界の情報