三菱商事「所期奉公」・「処事光明」・「立業貿易」を掲げ、事業を通じて豊かな社会の実現に貢献する日本最大の総合商社

三菱商事 企業情報

「所期奉公」・「処事光明」・「立業貿易」を掲げ、
事業を通じて豊かな社会の実現に貢献する日本最大の総合商社

三菱商事の事業規模

●売上高:20兆2,071億8,300万円
●純利益:3,600億2,800万円

三菱商事の企業概要

三菱商事は、「所期奉公」「処事光明」「立業貿易」の三綱領を企業理念に掲げ、国内及び海外約90カ国に200超の拠点を持つ最大の総合商社。600社を超える連結対象会社を持つ企業グループで、約60,000名の多国籍の人材が働いており、売上高や利益など多くの面で業界トップの数字を上げている。特に金属、エネルギー、機械の3部門は当期純利益の約6割を占め、業界の約3割のシェアを持っている。三菱商事は、エネルギー、金属、機械、化学品、食料や資材など、あらゆる産業において、世界中で長年にわたってビジネスを行なっている。常に公明正大で品格のある行動を信条に、豊かな社会の実現に貢献することを目指し、事業を展開している。なお、LNG・シェールガス関連や航空機関連リース・船舶事業などに新規投資をしている。

三菱商事の特徴

三菱商事では、6つの営業グループにビジネスサービス、地球環境事業開発の2部門を加えた体制とその傘下の事業投資先が、それぞれの分野において事業展開を図っており、コーポレートは経営サポート機能を提供している。その業務内容は、貿易取引や事業投資など多岐にわたるが、その本質は、顧客や社会が抱えるニーズやシーズに着目し、ビジネスの仕組みを構想して、その実現と推進に必要な機能やサービスを安定的に提供することにある。例えば、歴史的に主要業務のひとつである貿易取引では、ビジネスの最前線で得る豊富な情報を活かして、物流・金融・マーケティングなどの機能を融合させながら付加価値の高いサービスを提供している。

パートナーとして事業に参画する際には、自らもリスクをとりながら、三菱商事の組織力やグローバルなネットワークを活かして必要な経営資源を調達することを通じ、事業価値の向上を図っている。また、開発から調達、生産、流通・販売にわたる事業経営全般について最善の解決策を提案し、その実行をサポートすることや、異なる事業を組み合わせ、お客様同士の結びつきをコーディネートすることも重要な役割である。さらに、社会や市場の将来の動きをいち早くとらえ、自らが主体となって事業を開発することも、活発に行っている。人・組織の特徴として、社風はトップダウン色が強いとされている。

====================================================
選考ステップ:エントリーシート →筆記試験 →個人面接(複数回) →内定
====================================================

▼選考アドバイス▼

ログイン

Goodfindアカウントでログイン

パスワードを忘れた方はこちら

facebookアカウントでログイン

会員登録

Goodfindに新規会員登録する

「Goodfind のセミナー参加」「企業へのエントリー」「記事閲覧」には会員登録(無料)が必要です。会員登録の所要時間は約3分、Facebookアカウントでの登録なら数秒で完了します。


※Facebookアカウントで会員登録を行なっても、
ニュースフィード上には表示されません

エンジニア志望の学生はこちらから会員登録