地球全体を幸福にする経済学—過密化する世界とグローバル・ゴール

img

著者/プロフィール

ジェフリー・サックス
経済学者で国際開発の第一人者。ハーバード大学博士号取得後、同大学経済学部助教授となり、1984年には29歳の若さで教授に就任。20年間ハーバードに所属し、同大学国際開発センター所長を務めた。現在はコロンビア大学地球研究所所長。また南米や東欧の途上国政府、世界銀行ほか各国際機関のアドバイザーを務めており、開発途上国を支援するために発足した国連ミレニアム・プロジェクトにおいては、コフィ・アナン国連前事務総長の依頼でディレクターを務めている

概要

グローバル経済が着実に成長を続ける一方、自然環境の悪化や人口爆発によって、世界はますます過密になっている。このペースを放置すれば、開発途上諸国での水害や病気の蔓延、貧困の激化と政情不安を引き起こし、連鎖的に先進国の社会や経済も深刻なダメージを免れない。私たちにとって21世紀の課題は、それらの危険の有機的なつながりを正しく見定め、持続可能な開発をなしとげ、世界共通の富を保全することである。それは夢のような話ではない。これまでの古い対立構図を捨てて、国際協調のもと、先進国がわずかなコストを振り向けるだけで解決可能なのである。開発経済学の第一人者でありコロンビア大学地球研究所、国連ミレニアム・プロジェクトのリーダーを務めるサックスが、いま「なぜ世界全体のことを考えなくてはならないか」を明快な言葉と広範囲にわたる調査や分析に基づいて解説。また、達成すべきグローバル・ゴールとそこに至るステップを具体的に提示する。世界がもっとも注目する経済学者の話題作。