ローマ人の物語 <1>— ローマは一日にして成らず(上)

img

著者/プロフィール

塩野 七生
1937年7月7日、東京生まれ。62年、学習院大学文学部哲学科卒業。63年~'68年にかけて、イタリアに学ぶ。68年より執筆活動を開始。69年、『ルネサンスの女たち』でデビュー。70年、初めての書き下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』で、毎日出版文化賞を受賞。同年、再びイタリアへ渡り、以後、イタリア在住。82年、『海の都の物語』で、サントリー学芸賞を受賞。83年、これまでの活動に対して菊池寛賞を受賞。88年、『わが友マキアヴェッリ』で、女流文学賞を受賞。93年、『ローマ人の物語Ⅰ』により、新潮学芸賞を受賞。現在はローマ在住で、『ローマ人の物語』を、毎年一冊のペースで書き下ろしている。

概要

前753年、一人の若者ロムルスと彼に従う3千人のラテン人によりローマは建国された。7代続く王政の下で国家としての形態をローマは整えてゆくが、前509年、共和政へ移行。その後、成文法制定のために先進国ギリシアへ視察団を派遣する。ローマ人は絶頂期のギリシアに何を見たのか—。比類なき大帝国を築きあげた古代ローマ。その一千年にわたる興亡の物語がいま幕を開ける。