メニューアイコン

Gunosy

累計6,531万DLのメディアを擁し、多領域へ展開を続けるテクノロジーカンパニー

強み

デジタル・コミュニケーション領域におけるトップランナーへ

累計ダウンロード数6,531万(2021年10月現在)を誇る「グノシー」「ニュースパス」「LUCRA(ルクラ)」「auサービスToday」といった情報キュレーションサービスを運営し、飛躍的な成長を続けているGunosy。同社のミッションは「情報を世界中の人に最適に届ける」ことです。情報を適切に届けることで、ストレスなく自分の欲しい情報や、コンテンツを楽しむことができる社会の実現を目指しています。そのため、新規事業の展開だけでなく、動画やクーポン等のテキスト記事以外のコンテンツも積極的に取り入れ、技術の応用範囲も拡大しています。 同社は「グノシー」を始めとした複数のアプリメディアを運営していることで広く認知されていますが、真の強みはニュース配信のアルゴリズムを支えるAI、機械学習といったテクノロジーの部分にあります。蓄積された膨大なデータとアルゴリズムの力を活かし、受け手にとって最適な情報を提供することを得意とする、“デジタル・コミュニケーション領域におけるトップランナー”とも言えるイノベーションカンパニーです。

今後の展望

テクノロジーによる社会課題の解決のみならず、ユーザーに寄り添うD2C領域にも着目

現在はメディア事業・ゲームエイトグループ・投資事業の主要な3つの事業を柱とし、順調な成長を続けているGunosy。同社は既存のメディア事業をテクノロジーによってブラッシュアップし続けると同時に、新領域にも高い技術力を発揮しています。2019年3月には、さらなるデータ活用の促進と情報推薦を研究する「Gunosy Tech Lab」を設置。社外への技術提供および学会における論文発表を中心とした研究開発にも注力しています。2021年6月には創業以来初のD2C事業としてムードペアリングティー「YOU IN」の販売を開始。ふるさと納税の返礼品に選ばれるなど、新たな収益の柱を生み出すための積極的な投資も行っています。

成長環境

Gunosyで働くことで得られる経験

Gunosyには、データサイエンティストやUXエンジニアなどのテクノロジスト集団、マーケティングプロフェッショナル、アカウントエグゼクティブなど、様々なバックグラウンドを持つプロフェッショナル人材が集っています。そうした経験豊富なビジネスパーソンたちと協働しながら、ユーザー数が多く大規模なサービスに関わっていける稀有な環境です。才能溢れる多様な人材が仲間を思いやり、お互いに切磋琢磨しながら驚異的なスピードで創造活動をおこなっていける組織となっています。世の中に与えるインパクトの大きさ、ビジネスの可能性の大きさ、変化のスピード感を体感することが出来ます。

企業詳細情報

社名
株式会社Gunosy
所在地
〒150-6139
東京都渋谷区渋谷2-24-12
募集職種
ビジネス職
社員数
215名(2021年5月現在)
2023年新卒採用予定
5名程度
価値観・求める人物像

スタートアップでは、大企業にはないスピード感を持って意思決定を行い、高速で仮説の検証(PDCA)を繰り返すことで事業を拡大して行くことが必要になります。そのためには、問題発見能力や課題解決のための論理的思考力、更にはコミュニケーション能力が必要となります。

  • 「情報を世界中の人に最適に届ける」というビジョンに共感できる方(ビジョンドリブン)
  • 当事者意識を持って、サービスをより良くしたい方(課題解決型)
  • 目標達成のためにチームメンバーと協働して仕事ができる方(チーム感)
  • 向上心があり、挑戦し続け、失敗から学ぶことができる方(チャレンジ精神)
  • 数値に基づいたコミュニケーションができる方(数値感)
  • その場しのぎのためではなく、長期的価値をつくるために仕事ができる方(中長期的な視点)
経営理念
「情報を世界中の人に最適に届ける」
主要事業内容

■メディア事業
情報キュレーションサービス「グノシー」「ニュースパス」「LUCRA(ルクラ)」「auサービスToday」の開発および運営。

■ゲームエイトグループ
「ゲームをもっと楽しくする」をミッションとして国内最大規模のゲーム攻略wikiを展開。

■投資事業
国内外の有望な成長機会に向けた投資を推進する『Gunosy Capital』。スタートアップ企業の支援を通じて、豊かな社会に向けたイノベーションの創出に貢献している。

経営者プロフィール

竹谷 祐哉 氏
代表取締役社長

早稲田大学創造理工学部経営システム工学科卒業。グリー株式会社を経て当社に参画。2013年8月取締役最高執行責任者、2016年8月代表取締役最高執行責任者、2018年8月より代表取締役最高経営責任者、2020年6月より代表取締役社長に就任。