Sansan

日本を代表するSaaS企業が、次に目指す“ビジネスインフラになる”というビジョン

事業ビジョン

未来の当たり前を創り出す

Sansanは、「出会いからイノベーションを生み出す」というミッションを基に、人と人の出会いの価値に着目した独自のサービスで、新市場を創造してきました。創業当初、IT化の最後の砦とされていた紙メディアである名刺に着目し国内市場を切り開いた同社は、紙の情報を正確にデータ化する技術を開発・確立し、ビジネスの領域を拡大させてきました。2021年年頭には“ビジネスインフラになる”という創業以来初のビジョンを掲げ、生活における電気や水道のように、ビジネスシーンにおいて無くてはならない存在になるために、常識や当たり前を変える新しい挑戦を続けています。

ビジネスの強み

7,000を越えるクライアント数、デジタル化時代に適応するビジネスモデル

Sansanでは、主なサービスとして、クラウド名刺管理サービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」、クラウド請求書受領サービス「Bill One」を国内外で提供しています。 創業事業である「Sansan」は、数名規模の企業から大手企業まで7,000社以上に導入され、トップシェア(*)を誇ります。また、2020年5月に発表した「Bill One」は、同社が有している「紙の情報を正確にデータ化する技術」を名刺以外にも当てはめた注目の新サービスです。さらに、2021年7月には企業の口コミ情報をレポートにした「ECS for アカデミア」という学生向けサービスの提供もスタート。創業から14年、Sansanはこのように“法人向けクラウド名刺管理サービス”以外にもビジネスの領域を拡大し、成長を続けています。2019年6月には東証マザーズへ上場、2021年1月には東証一部へ市場変更を果たしました。デジタル庁の創設や、リモートワークの普及など、企業のDXが急速に求められる中、テクノロジーを駆使したSansanのビジネスモデルは、ビジネスシーンにおいて高い評価を得ています。

*=調査研究レポート「名刺管理サービスと営業サービス(SFA/CRM/オンライン名刺交換)の最新動向」(2020年12月 シード・プランニング調査)より

成長環境

三井物産、シリコンバレーを経た起業家が創り出すプロフェッショナリズム

三井物産にて、シリコンバレーの米国最先端ベンチャー勤務や、社内ベンチャーの立ち上げを経験した起業家が率いるSansan。サービスの企画・開発からマーケティング・営業まで一貫して自社で行っており、全体感をもって経営者意識で仕事ができます。また、社内制度も充実しており、社員一人ひとりの成長を最大化する環境が整っているため、成長を実感しながら世界に通じるサービスづくりにチャレンジできます。

企業詳細情報

会社名
Sansan株式会社
所在地
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
募集職種
ビジネス職
2023年卒採用予定数
100名
社員数
928名(2021年5月末時点)
年齢構成比
21~30歳:34%
31~40歳:55%
41~60歳:11%
経営理念・ビジョン
出会いからイノベーションを生み出す

▼Vision Movie ービジネスインフラになるー
※別ページで開きます

価値観・求める人材像
・世の中に無くてはならない価値あるサービスを作りたい方
・技術的にも人間的にも向上心のある方
事業内容

▼名刺管理から、ビジネスがはじまる「Sansan」
Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈を管理・共有することが可能になるほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能を備えており、ビジネスのはじまりを後押しする「ビジネスプラットフォーム」です。

▼個人向け名刺アプリ「Eight」
Eightは、名刺を起点とした国内最大のビジネスネットワークです。名刺を正確にデータ化して、スマートフォンアプリで管理することができます。登録したユーザー間で情報発信ができる「フィード」、チャットのようにコミュニケーションが取れる「メッセージ」、名刺だけでは伝えることができない経歴やスキルを伝える「プロフィール」といった機能を提供しており、ビジネスにおけるコミュニケーションツールとして活用されています。2021年5月時点で、281万人を超えるユーザーに利用されています。

▼クラウド請求書受領サービス「Bill One」
企業内に残る事務作業をオンライン化し、請求書に関する業務を効率化させます。請求書の受け取りから保管まで、請求書に関するさまざまな業務をオンラインで完結することができます。受け取り状況や作業進捗を共有することができるほか、取引先の企業名で請求書を検索することも簡単に行えるなど、生産性向上に貢献しています。

▼学生向け企業研究レポート「ECS for アカデミア」
Eightの仕組みを活用し、名刺交換経験のある企業に対するリアルな声を学生向けにレポート化した無償サービスです。学生は、志望企業の選定や働くイメージを想像する「企業研究」の材料として、自由記述式のコメントから、その企業のビジネスの進め方や組織風土、働きやすさなどをイメージできます。

経営者プロフィール

寺田 親弘 氏
代表取締役社長/CEO

慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、三井物産株式会社へ入社。情報産業部門に配属された後、米国・シリコンバレーでベンチャー企業の日本向けビジネス展開支援に従事する。帰国後は、社内ベンチャーとしてデータベースソフトウエアの輸入販売を行う部門を立ち上げる。その後、関連会社に出向し、経営企画・管理業務を担当。2007年、Sansan株式会社を創業する。