ドワンゴ

教育業界をICTで変革するイノベーター集団

厳選企業をもっと見る
エントリー
受けたい

事業の先進性 教育業界をDX改革する、独自の「ネットの高校」

近年、テクノロジーの進化により、あらゆる業界においてデジタルトランスフォーメーション(DX)改革の必要性が叫ばれています。そんな中、学校法人角川ドワンゴ学園のN高等学校は、教育業界のDX改革の先駆的存在として注目を集めています。N高は教育業界の“テクノロジーとの相性の良さ”に着目。SlackやGmail、Google Driveなど、多くの企業で使われているICTツールを利用し、ネットを介した学習やコミュニケーションを行っています。将来、社会に出てから利用する可能性の高いツールを学校生活のうちから日々活用することで、生徒のICTリテラシーが高まることが期待されます。さらに2021年4月からは、最新のVRデバイスを活用し、360度VR空間の中で体験型の学びができる「普通科プレミアム」も始まるなど、今までの学校教育の通念を超えた枠組みを創り出しています。

市場の成長性 増え続ける生徒のニーズに、確実に応えていく

N高の在籍生徒数は、2016年4月の設立当初は1,482名でしたが、2019年4月には1万人を超え、2020年12月には16,641人にまで達しています。2021年4月には、角川ドワンゴ学園が運営するふたつ目の高校として、茨城県つくば市に「S高等学校」が開校する予定です(設置認可申請中)。また、カリキュラムとしては新たに、2021年4月よりインターネット上で仲間とともに学ぶ「オンライン通学コース」を開設。増え続ける生徒のニーズに応えるべく、新たな取り組みを次々と展開しています。テクノロジーと教育事業の組み合わせにはまだまだ無限の可能性があり、それを実現できるのがN高という舞台です。成長し続ける市場環境で自分のやりたいことを実現できる、稀有なチャンスがここにあります。

成長環境 川上氏と取り組む教育業界のイノベーション

角川ドワンゴ学園には多くの挑戦機会が用意されています。本採用ポジションでは、N高の理事を務める川上量生氏とともに、教育業界にイノベーションを起こすための様々なプロジェクトに関わることが求められています。着メロサービスやニコニコ動画、ニコニコ超会議など、これまでIT業界で革新的事業をいくつも手がけてきた川上氏とともに新しい発想で企画を実現していくことには、他にはないやりがいと面白さがあるでしょう。


川上氏の目指す展望については、こちらの インタビュー記事も併せてご覧ください。

企業詳細情報

会社名
株式会社ドワンゴ
※雇用は株式会社ドワンゴですが、採用選考および勤務先は学校法人角川ドワンゴ学園となります。予めご了承ください。
所在地
〒104-0061
東京都中央区銀座4-12-15 歌舞伎座タワー
募集職種
事業企画
2022年新卒採用予定
若干名(予定)
経営者プロフィール

川上 量生 氏
学校法人角川ドワンゴ学園
理事

1968年生。大阪府出身。京都大学工学部卒業。97年株式会社ドワンゴ設立。通信ゲーム、着メロ、動画サービス、教育などの各種事業を立ち上げる。 現在は、カドカワ株式会社 取締役、株式会社ドワンゴ 顧問、学校法人角川ドワンゴ学園 理事を務める。
選考フロー
Goodfind講師とのジャッジ面談

書類選考

面接数回・適性検査

内定
エントリー
受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY