新型コロナウイルス感染症対策に伴う事業運営方針

アンドパッド

50兆円の巨大産業にデジタルシフトをもたらす建設系SaaSの雄

厳選企業をもっと見る
エントリー
受けたい

事業の独自性 50兆円の巨大市場をITの力で変革するという挑戦

国のインフラである建設産業は、市場規模50兆円の超巨大市場です。人々の生活基盤を支える重要な産業であるにも関わらず、高齢化による人手不足や現場作業の非効率などが深刻化しており、生産性向上が急務となっています。そうした課題をITの力で解決すべく、クラウド型建設プロジェクト管理サービス『ANDPAD』を開発・提供しているのがアンドパッドです。同サービスでは稼働状況・工程表・現場の写真などの情報をクラウド上で一括管理し、飛躍的に業務を効率化することが可能。その画期的な事業はVCからも大きな期待を寄せられ、累計60億円の資金調達を実行し、2020年7月にも40億円を調達しました。「建設業界で知らない人はいないITサービスを提供する企業」を目指し、Vertical SaaS(業界特化型SaaS)に留まることなく“建設業界のプラットフォーマー”への道筋を明確に描いています。

優秀な人材 ミクシィを立て直したCFO直下の経営企画室を新設

創業者の稲田武夫氏は学生時代から経営に興味を持ち、新卒でリクルートに入社してアパレルECなど複数の新規事業をグロースさせました。2014年に独立すると、ビジネスでアプローチできる日本最大の課題を探して建設産業に辿り着き、アンドパッドを設立しました。優れた先見の明を持つ稲田氏の元には、建設業界のみならず、スタートアップやメガベンチャーなど多彩なバックグラウンドを持つ人材が集結しています。中でも、2020年5月にCFOとして招聘した荻野泰弘氏は、マクロミルやミクシィをはじめ、複数の企業でCFOを務めた人物。ミクシィでは約10ヶ月間で時価総額を200億円から5000億円にまで成長させた実績があります。このほど、荻野氏直下で経営企画室を新設予定。経営企画室に配属確約の新卒1期生採用は、Goodfindのみの募集限定となっています。

成長環境 事業成長のすべてに責を負うポジションで、会社を牽引していく醍醐味

創業者にして代表取締役を務める稲田氏は「既存産業のデジタルシフトを成功させるためには、開発力・セールス力をバランス良く備えている必要がある」と考えています。新設予定の経営企画室は、それを実現させるための中核を為す部署です。会社の成長に必要なものをすべて請け負うことになり、ただ数字をいじるだけでなく、現場に深く踏み込んでの事業推進、HR起点での企業成長促進など、事業成長をドライブさせるために必要なものを全力で考え、自ら仮説を立て、推進するという難易度の高い業務です。その分、自ら会社全体を牽引していく醍醐味を味わえます。巨大産業を時間をかけてIT化しようとしている同社は、日本の大きな社会課題を自らの手で解決したいという気概を持った方には、まさに最適の成長環境と言えるでしょう。

企業詳細情報

企業名
株式会社アンドパッド
所在地
東京都千代田区神田練塀町300 住友不動産秋葉原駅前ビル8階
募集職種
総合職
2021年卒採用予定数
数名
社員数
173名(2020年5月1日時点)
エントリー
受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY

オフィスがおしゃれ 創業社長 地方拠点あり 自社サービスあり