新型コロナウイルス感染症対策に伴う事業運営方針

リオ・ホールディングス

専門性の高いコンサルティング現場で、高難度の「問題解決能力」と「経営力」を培う

厳選企業をもっと見る
エントリー
受けたい

社風・カルチャー 『ここでなくても、生きていけるか。』~会社に「貢献」するのではなく、会社を「利用」しろ~

リオ・ホールディングスは、「会社を利用して、どこにいっても通用するスキルを高速で身に付けてほしい」と考えており、若い内から裁量権の大きい仕事を任され、個人が大きく成長できる環境があります。クライアントの人生を左右するような不動産再生案件や相続コンサルティングなどの高難度の仕事に若手が取組み、次々と成果を出しています。代表の中川智博氏がリクルートから独立してリオ・ホールディングスを創業したのと同様、リオ・ホールディングスにも、入社時から自立した考えを持ち、同社を卒業して自ら起業したビジネスパーソンが多数存在しています。

事業にかける想い クライアントの人生を背負う覚悟で課題に向き合う専門家集団

「築き上げた資産が、手を打たなければ3代で消える」とまで言われる日本。日本の資産家の大きな特徴は、その資産の約5割を不動産が占めていることです。リオ・ホールディングスは、資産家の資産を守り、次世代へと受け継ぐために、不動産を中心とした専門性の高い資産運用コンサルティングを提供しています。資産運用をはじめ、リノベーションまでカバーするプロパティマネジメント、リーシング、売買仲介など多岐にわたる事業を展開すると同時に、不動産鑑定士や一級建築士などの不動産の専門家や、弁護士・司法書士・税理士・社会保険労務士等と連携して、資産家の悩みにワンストップで答えを出せるチームを作り上げています。

成長環境 プロフェッショナルとして成長できる「専門性の高い資産運用コンサルティング」の現場

クライアントの課題を自分事と捉え、課題解決のために様々な分野のプロフェッショナルが一体となって問題を多角的に分析し、判断し、よりよいソリューションへと導く。それぞれの社員が、目の前のクライアントに貢献することが出来る、やりがいの大きな職務を担っています。また、社員一人ひとりのキャリア形成を考えたジョブローテーション等を通して、高い能力を備え、幅広い視野を持ち、ワンストップで的確な判断ができる人材として成長できる環境を用意しています。「安定とは、成長し続けること。リオ・ホールディングスという会社で思う存分挑戦し、自分の可能性を切り拓いてほしい。そして、数年後には経営者になってほしい」。このリオ・ホールディングスの考え方に少しでも共感していただける方に、おすすめの企業です。

企業詳細情報

会社名
株式会社リオ・ホールディングス
所在地
東京都千代田区永田町二丁目12番4号 赤坂山王センタービル
社員数
765名(連結/2019年12月現在)
平均年齢
約31.5歳
主な事業内容

~資産に関わる様々な問題をワンストップで解決~
不動産を中心とする資産の有効活用、資産について多岐にわたる問題の解決などに取り組むことで、クライアントの保育資産価値を高めるというミッションを遂行しています。

  • 資産管理業務
  • 資産運用業務
  • 不動産仲介業務
  • アカウンティング業務
  • 建築業務
2021年卒採用予定数
20名~
募集職種
総合職
創業者プロフィール

株式会社リオ・ホールディングス
代表取締役 中川 智博 氏

早稲田大学出身
株式会社リクルートコスモス(現コスモスイニシア)を経て 株式会社リオ・ホールディングスを創業。 不動産に関する様々な問題に対し、専門家集団でチームを組みながら「ワンストップ」で 解決するビジネスを展開し、さまざまなクライアントの資産運用・再生コンサルティングを行う。

エントリー
受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY

コンサルティング 創業社長 地方拠点あり 自社サービスあり