新型コロナウイルス感染症対策に伴う事業運営方針

サーバーワークス

クラウド特化で攻めの企業ITを支える挑戦者。課題解決のプロフェッショナル集団

厳選企業をもっと見る
受けたい

時代背景 日本でいち早くクラウドサービスに着目し、事業をスタート

少子高齢化の影響もあり、労働力不足が叫ばれている昨今、最も問題視されているのは「生産年齢人口」の減少です。日本の生産年齢人口は減少を続けており、2015年には7728万人に。このままいけば、2065年には4529万人となると予測されます。そうした厳しい背景の中で、企業は多様な働き方を採り入れ、市場価値を上げ続けなければ生き残っていけません。そこで注目されているのが、高いセキュリティ、大規模な設備がなくとも必要最小限の大きさから環境を構築でき、アクセス集中によるサーバーダウンや災害時の対策に有用であるといったメリットをもつ「クラウドサービス」です。その世界最大のシェアを誇る「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」によって、日本赤十字社は2011年の東日本大震災当時、サイトダウンからの迅速な復旧と、義援金を各地から集めた実績があります。その復旧とさらに3,200億円超の義援金受付システムを、わずか48時間で構築するというスピードで実現させたのが、サーバーワークスです。

事業優位性 AWSに特化した事業展開とサービスで、高い技術力と独自の優位性を築く

サーバーワークスは、2008年に日本でいち早くAWSに特化するインテグレーション事業を開始した、企業ITクラウド化のパイオニアです。国内大手メーカーや金融機関、社団法人など760社以上にのぼるクライアントのIT環境をクラウド化するという、独自の優位性を築いています。クラウド市場は2023年には1兆6,940億円になると予測*されている成長市場であり、参画企業も増えている中、AWSから「APNプレミアコンサルティングパートナー」に2014年より継続して認定されている同社。強みは、AWS活用に関わるソリューションを一気通貫で提供できる体制と、基盤構築のためのノウハウはもちろん「Know-Why」を蓄積していること。既存IT環境をクラウドへ移行するための支援はもちろん、デスクトップコンピュータのクラウド化、クラウド型コンタクトセンターなど、多岐にわたる新しいサービス分野で継続的に事業拡大しています。

*2019年5月27日IDC調べ

育成環境 社員1人ひとりが確かな実力を身に着け、能力を存分に発揮するために

「クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく!」をビジョンとして掲げ、更に大きくクラウド事業を展開していこうとしているサーバーワークスでは、根幹となる自社の社員育成にも力を注いでいます。1人ひとりが確かな実力を持てるよう、最初の研修で社会人の基礎と技術の基礎を学び、8カ月かけて全部署を「社内インターン」として回ります。そして魅力的なのが、自分で配属部署を選べること。社内の仕事をすべて経験した上で向いている仕事を自分で見つけ、「営業からエンジニアへ」「エンジニアから営業へ」といったジョブチェンジも希望制でできます。さらに新入社員には1年間メンターが専属で付く手厚いサポートにより、3年目からプロジェクトマネージャーを担えるなど、スピーディーな成長も実現できます。AWSの認定資格取得の支援も積極的におこなっており、現在、社員数125名の中でAWSの資格保有数は累計270を超えています。

企業詳細情報

企業名
株式会社サーバーワークス
所在地
〒162-0824
東京都新宿区揚場町1番21号 飯田橋升本ビル2階
従業員数
136名 (2020年2月末日現在)

  • AWS認定資格取得者数 70名以上
  • AWS認定資格取得数のべ272個
  • ひとりで8つ以上の資格取得している者は13名

2021年卒採用予定数
10名
募集職種
総合職
事業内容
1. クラウドコンピューティングを活用したシステム企画・開発及び運用
2. インターネット関連システムの企画・開発及び運用
3. Saas/ASPサービス/IT商品の企画・開発及び運用
経営理念・ビジョン

クラウドで、世界を、もっと、はたらきやすく!
コンピューターの場所にしばられず、所有による制限にしばられず、自由にコンピューターを使いこなす「クラウドというアイディア」をもっと世の中に広めたい。そして、より多くの企業がクラウドによって競争力が増し、そこではたらく社員のみなさんが「はたらきやすい環境になった」と喜んでいただける社会にしたい。
そんな想いが込められています。

日本赤十字社のプロジェクトでは、シンガポールにシステムを立ち上げた同社。東京にいながら、家に居ながらにして海外のデータセンターで3,200億円の義援金を管理する仕組みを構築したのです。 物理的な場所に関係なく、社会に必要なコンピューターシステムを迅速にデリバリーする。これこそがクラウドの醍醐味だと、同社は考えています。

経営者プロフィール

代表取締役社長
大石 良 氏

1973年 新潟市生まれ。1996年 東北大学経済学部を卒業後、丸紅株式会社に入社。インターネット関連ビジネスの企画・営業に従事する。 2000年 株式会社サーバーワークス設立、代表取締役に就任。
受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY

BtoB メディア・プラットフォーム テクノロジー オフィスがおしゃれ 創業社長 未経験でもエンジニア採用あり