新型コロナウイルス感染症対策に伴う事業運営方針

サンブリッジ

最先端テクノロジーの力で、企業の生産性プロセスを最適化させるテックカンパニー

厳選企業をもっと見る
エントリー
受けたい

企業理念 卓越したテクノロジーの力で“生産性向上”という日本全体の課題を解決する

現在の日本のビジネス構造が抱える問題として、まず挙げられるのは生産性の向上。そのためには、あらゆる作業を効率化し、無駄な仕事をなくす必要があります。そこで注目され始めているのが、クラウドやAIといった最新技術を通して企業経営やビジネスプロセスを変革する「デジタルトランスフォーメーション(DX)」の推進。さらにDXの活用に伴い生じる、戦略的IT投資の最適化や人材育成といった企業の課題に最適解を提供しているのがサンブリッジです。もともとベンチャー企業のインキュベーションや投資などの支援を行ってきた同社は、卓越したTechコンサルティングによって“メーカーの販売代理店”ではなく“顧客の購買代理店”という立ち位置で真摯にクライアントに向き合い、「テクノロジーで仕事のあり方を変える」という同社ビジョンを叶えるべく邁進しています。

事業の優位性 マルチクラウドソリューションで独自のポジションを確立

サンブリッジは、営業支援システム(SFA)、顧客管理システム(CRM)、マーケティングオートメーション(MA)のシステム開発や導入支援だけでなく、自社開発アプリケーションを提供し、システム開発と自社製品の両軸から顧客企業の課題解決を支援しています。とりわけ、同社が強みにしているのが「マルチクラウドソリューション」です。多くの企業において、それぞれ独立した形で運用されているケースの多いSFA、CRM、MAを、様々なクラウドツールを組み合わせることによってワンストップで開発・導入。一つの分野や製品に特化するのではなく、クラウドシステムや自社製品を組み合わせることで、顧客の課題に寄り添った幅広いソリューションを提供することが可能なのです。

組織風土 社員全員が「進化し続けるチームプレイヤー」

急成長を遂げたサンブリッジですが、今後もそのスピードを緩めることはありません。変化の激しいIT界隈を主なビジネスの戦場としているがゆえに、社員には「進化し続けるチームプレイヤー」であることを求めます。日進月歩で更新されていく最先端技術の世界では、停滞とは後退そのもの。進化を恐れず突き進む姿勢こそ、サンブリッジの組織風土です。そして、同社がメンバーに提供するのは「得意なことを探せる環境」。ジョブローテーションによる教育ではなく、本人の希望と現場の声を考慮して配属先が決定されるので、自らが望むキャリア・プランを実現させることが可能です。

インタビュー

企業詳細情報

企業名
株式会社サンブリッジ
所在地
〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル 11F
社員数
99名(2019年12月現在)
募集職種
総合職
2021年新卒採用予定
5名程度
事業内容

■クラウド ソリューション事業
Salesforce.comの導入コンサルティング、カスタマイズ・運用支援サービス
クラウドCRMソリューションSalesforceの販売

■クラウド マーケティング事業
マーケティングオートメーション製品(Pardot)の導入支援、活用支援コンサルティングサービス
B2Bマーケティングオートメーション製品(Pardot)の販売

■クラウド製品開発事業
Salesforce一体型名刺デジタル化サービスSmartViscaの開発・販売
Salesforce一体型オンラインアンケートサービスaViscaの開発

グループ会社
・株式会社サンブリッジコーポレーション
・株式会社サンブリッジグローバルベンチャーズ
・SunBridge Partners
ビジョンとバリュー

ビジョン
テクノロジーで仕事のあり方を変える


バリュー
・相互の信頼と尊敬
・多彩な才能をチームで活かす
・進化し続ける

エントリー
受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY

広告・マーケティング・PR コンサルティング テクノロジー 自社サービスあり