新型コロナウイルス感染症対策に伴う事業運営方針

Sansan

グローバルスケールで新市場を創出する挑戦。日本発のITビジネスの世界展開を目指す

厳選企業をもっと見る
エントリー
受けたい

事業ビジョン 世界を変える新たな価値を生み出す

Google、Microsoft、IBM、オラクル、Salesforce.comといった米国発の企業のサービスが高いシェアを占めるITソリューション業界において、「世界を変える新たな価値を生み出す」という理念を掲げ、日本発・独自のサービスで新市場の創造に挑戦する注目ベンチャー企業がSansanです。企業内の人脈資産を活用した、世界でも類のない独自のITソリューションを提供しています。IT化の最後の砦とされる紙メディアである名刺に着目し国内市場を切り開いた同社は、既に米国を中心として海外にも事業を進出。今後もその展開スピードを加速させ、グローバルスケールで新市場を創出する挑戦を続けていきます。2007年~2012年の創業期、2013年~2018年の成長期を経て、2019年に革新期とも言うべき新たなフェーズに入ったSansan。“世界に挑むビジネスプラットフォーム”として、未知なる変革を起こそうとしているのです。

ビジネスの強み 6000を越えるクライアント数、数々の賞を受賞した斬新なビジネスモデル

Sansanは、紙の名刺に内在する「情報としての価値」、そして「ソーシャルな価値」を引き出すことで、営業管理や顧客関係管理、営業ナレッジ強化といった生産性の向上や収益の最大化を実現するITソリューションを提供しています。創業から10年、すでに国内外問わず6000社以上のクライアントからの支持を獲得、新しい業界を切り拓く存在として注目を集め、2013年には5億円、2014年には14.6億円、そして2017年には総額約42億円の資金調達を実施し、躍進を続けています。2019年6月には、東京証券取引所マザーズ市場への新規上場を果たしました。紙のままで終わっていた名刺をビジネスの資産に変える、という斬新な発想のもとに設計された同社のサービスは、テクノロジーを駆使した優れたビジネスモデルとして、「Microsoft Innovation Award 2009」をはじめとする数々のコンテスト・大会において賞を受賞するなど、ベンチャー界・産業界から高い評価を得ています。

成長環境 三井物産、シリコンバレーを経た起業家が創り出すプロフェッショナリズム

三井物産にて、シリコンバレーの米国最先端ベンチャー勤務や、社内ベンチャーの立ち上げを経験した起業家が率いるSansan。サービスの企画・開発からマーケティング・営業まで一貫して自社で行っており、全体感をもって経営者意識で仕事ができるため、一人ひとりの社員の成長を最大化する環境が整っています。また、クラウドサービスとして自社商品を開発しているため、日本発・世界に通じるサービスづくりにチャレンジできる環境が整っています。

インタビュー

企業詳細情報

会社名
Sansan株式会社
所在地
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル13F
募集職種
ビジネス職
2021年卒採用予定数
25名
社員数
593名(2019年8月末時点)
平均年齢
31.0歳
経営理念・ビジョン
出会いからイノベーションを生み出す
価値観・求める人材像
・世の中に無くてはならない価値あるサービスを作りたい方
・技術的にも人間的にも向上心のある方
事業内容
◆名刺管理から、ビジネスがはじまる「Sansan」
Sansanは、法人向けクラウド名刺管理サービスです。名刺をスキャナーやスマートフォンアプリで読み取るだけで、独自のオペレーションシステムによって名刺情報を正確にデータ化します。高度なAI技術により、企業内の人脈を管理・共有することが可能になるほか、社内の連携を促進する機能や顧客データを統合・リッチ化する機能を備えており、ビジネスのはじまりを後押しする「ビジネスプラットフォーム」です。
◆個人向け名刺アプリ「Eight」
Eightは、名刺を起点とした国内最大のビジネスネットワークです。名刺を正確にデータ化して、スマートフォンアプリで管理することができます。登録したユーザー間で情報発信ができる「フィード」、チャットのようにコミュニケーションが取れる「メッセージ」、名刺だけでは伝えることができない経歴やスキルを伝える「プロフィール」といった機能を提供しており、ビジネスにおけるコミュニケーションツールとして活用されています。2019年8月時点で、250万人を超えるユーザーに利用されています。
経営者プロフィール
代表取締役社長/CEO 寺田 親弘

慶應義塾大学環境情報学部を卒業後、三井物産株式会社へ入社。情報産業部門に配属された後、米国・シリコンバレーでベンチャー企業の日本向けビジネス展開支援に従事する。帰国後は、社内ベンチャーとしてデータベースソフトウエアの輸入販売を行う部門を立ち上げる。その後、関連会社に出向し、経営企画・管理業務を担当。2007年、Sansan株式会社を創業する。
エントリー
受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY

BtoB メディア・プラットフォーム テクノロジー 次代のメガベンチャー オフィスがおしゃれ 海外拠点あり 創業社長 地方拠点あり 自社サービスあり