新型コロナウイルス感染症対策に伴う事業運営方針

JMDC

データ解析とICTの力で国民医療を変革し、健康社会の実現を目指す医療系ベンチャー

厳選企業をもっと見る
受けたい

ビジネスモデル ユニークなビジネスモデルで、健康で豊かな人生を全ての人に

いよいよ到来しつつある超高齢化社会。すでに65歳以上の人口は27%を超えており、2025年には日本の国家予算140兆円のうち、実に60兆円が医療費と介護費に消えるという予測があります。医療やヘルスケアを取り巻く問題を、ビッグデータの解析技術によって可視化し、全ての人がより良い医療を受けることができる「健康社会の実現」を目指しているのが、JMDCです。同社は医療ビッグデータの分析、解析、統計、モデリングサービスの提供という独自性の高いビジネスで、健康保険組合、製薬企業・生損保企業、研究機関とWin-Winの関係を築き、健康増進に繋がる環境づくりに貢献し続けています。

事業の強み トップクオリティの医療データベースを様々な事業・サービスに活用

JMDCが保有する医療データベースは量、質ともに業界トップクラスを誇ります。同社が長い時間をかけて地道に積み上げ、更新を重ねてきたデータは、製薬、研究、健康増進や予防医療といった様々な領域で活用されています。例えば、健康診断の結果を使って自分の体が何歳相当なのかを統計的に判定できる「健康年齢」(※)。約160万人分の健診データと医療費をもとに開発された信頼性の高いモデルであり、大手生命保険会社や自治体にも採用・導入されています。さらに、健康診断結果から導き出す一人ひとりのユーザーに合わせた個別アドバイスや、日々の運動・生活習慣記録などのツールで生活習慣改善に役立つソリューション「Pep Up」などのヘルスケアプラットフォーム事業にも注力しています。

健康年齢の詳細は、自身の健康状態を分かりやすく理解するための指標を指します。

成長環境 データ分析の知識を備えたコンサルティング営業という唯一性の高いキャリア

そんなJMDCには、ビッグデータ活用という将来性に満ちたビジネスに魅力を感じた優秀人材が集結しています。メンバーとして参画後は、健保、製薬・生損保、研究機関に対するコンサルティング営業を担っていただきます。医療データや「健康年齢」を活用した保険商品等のビジネスモデル策定から、サービスの開発・運用にまで携わるといった、社会的インパクトの大きなビジネスにコミットすることが可能です。また、優良な健康経営を実践している企業として「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)~ホワイト500」に認定されていることも特筆すべきでしょう。データ分析の知識を備えたコンサルティング営業職という唯一性の高いキャリアに惹かれる方は、ぜひチャレンジしてみてください。

企業詳細情報

会社名
株式会社JMDC
所在地
東京都港区芝大門二丁目5番5号 住友芝大門ビル12階
社員数
178名(2019年3月現在)
2021年度採用予定数
1~3名
企業理念
医療データと解析力で健康社会を実現する
主な事業内容

■医療データベース・分析サービス
健康保険組合加入者の健康増進施策をサポートすることによって構築した日本最大級の医療データベースと医療データの分析サービスを製薬企業、生命保険会社やアカデミアへ提供しています。

■ヘルスケアプラットフォーム事業
医療データから導き出された新たな健康指標の開発や個人に寄り添った健康増進ソリューションの提供をしています。

<主要サービス>
・JMDC Data Mart:日本最大級の医療データベースの検索・集計ツール
・らくらく健助:保険事業のPDCAを支援するツール
・健康年齢:健康診断結果から自身の体は何歳相当かを表した統計モデル
・Pep Up:健康状態を“見える化”し、生活習慣を改善するプラットフォーム
・clintal:健康相談チャットや適切な医師を検索できるプラットフォーム

経営者プロフィール

松島 陽介 氏
株式会社JMDC 代表取締役社長

同志社大学法学部出身。新卒で大手生命保険会社に入社。その後A.T.カーニーおよびマッキンゼー・アンド・カンパニーにて、戦略コンサルティング経験。その後、国内PEファンド、東証一部企業副社長を経て、弊社の代表取締役社長に就任。バイオベンチャーやAIベンチャーの国内最大手の上場企業の社外取締役も歴任している。

受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY

医療・ヘルスケア テクノロジー 自社サービスあり