GA technologies

IT×リアルで不動産領域を変革する新時代のPropTechリーディングカンパニー

厳選企業をもっと見る
エントリー
受けたい

市場成長性 新たな時代を切り拓くPropTech(不動産×テクノロジー)の旗手

FinTechやHRTechなど、IT化が十分に進んでいない産業にテクノロジーの力を活用するX-Techの波は確実に日本にも到来しています。そんな中、「テクノロジー×イノベーションで、人々に感動を。」を掲げるGA technologies(GAテクノロジーズ)は、いち早くPropTech(不動産×テクノロジー)の領域に着目し、創業わずか5年で売上96億円を達成しました。ITを最大限に活用しながらも、ネットとリアル双方向の事業連携に重点を置き、「リアルの中で感じているアナログな課題に対し、テクノロジーで解決するアプローチを重ねていく」ことで、飛躍的な成長を遂げたのです。50兆円という巨大なマーケットでありながら、いまだにアナログな商取引習慣が主流を占めている不動産ビジネスを最先端テクノロジーの力で変革し、新たな時代を切り拓く旗手として、確かな存在感を示しています。

第二創業フェーズ 6年目で売り上げ200億を達成し、次々と新規事業を展開

2013年にたった3人で創業したGAテクノロジーズは、創業6年目にして売り上げ200億を達成するまで成長しました。基幹事業のPropTechのほか、同社がいま注力しているのは、不動産と親和性の高い保険を活用したInsurTech(保険×テクノロジー)の領域。2018年5月にはInsurTechを検討・推進するプロジェクトチームを設立し、ConTech(建設×テクノロジー)領域でも新規事業立ち上げを控えています。今、日本にあるPropTech関連の企業は50~60社程度。InsurTechやConTechに取り組んでいる企業は、まだ4~5社しかありません。このように国内でもいち早く新領域への参入準備を進めている同社は、それぞれの事業がシナジーを生みながら、更なる高みへと飛躍する第二創業フェーズを迎えています。

優秀な人材 ユニークな経歴を持つ創業社長のもと、多彩な人材が集結

GAテクノロジーズの創業者・代表取締役社長の樋口龍氏は、幼いころからサッカーだけに打ち込み、ジェフユナイテッド市原(現J2)に育成選手として所属していたという経歴の持ち主。「世界一になる」という目標をスポーツからビジネスの世界に移し、固定概念に囚われることなく、業界にイノベーションを起こし続けています。そんな樋口氏の元には、多種多様な業界から優秀な人材が集結。コンサルや金融業界の出身者も多く、同社の飛躍的な成長を支えています。GAテクノロジーズは創業時から新卒採用に力を入れており、可能性に満ちた若い力を育て、どこでも活躍できる市場価値の高いビジネスパーソンを輩出しています。

エントリー情報

インタビュー

企業詳細情報

会社名
株式会社GA technologies
(GAテクノロジーズ)
所在地
●Headquarters(東京本社)
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエア 8F

●Osaka Branch(大阪支社)
〒530-0001
大阪府大阪市北区梅田2-6-20 パシフィックマークス西梅田 5F

●Nagoya Sales Branch(名古屋営業所)
〒451-6090
愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー5F

●GA X-Tech BASE
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-12-18 WeWork Iceberg
社員数
370名(2019年5月時点、グループ会社含む)
募集職種
エンジニア
AIエンジニア
経営理念
テクノロジー x イノベーションで、人々に感動を。
事業内容
・ AIを活用した中古不動産の総合的なプラットホーム「Renosy®」の開発・運営
・ AIを活用した不動産業務支援ツールTechシリーズの開発・運営
・ 不動産オーナー向けアプリ「Renosy Insight®」の開発・運営
経営者プロフィール
代表取締役社長 樋口龍

1982年東京生まれ。幼い頃より世界的なサッカー選手を目指し、ジェフユナイテッド市原(現J2)に育成選手として所属。24歳の時にサッカー選手としての夢を諦め、ビジネスマンへ転身し不動産会社へ勤務。”巨大なマーケットを形成しながらも極めてアナログな不動産業界にテクノロジーで革命を起こす”と志し、2013年に株式会社GA technologies(GAテクノロジーズ)を設立し、代表取締役に就任。創業時から中古不動産の流通事業を展開。現在はテクノロジーを活用したエンド・トゥー・エンドの不動産流通プラットフォームの構築や、AI・RPAによる効率化やデータ活用による業務改善に積極的に取り組む。
エントリー
受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY

メディア・プラットフォーム テクノロジー 創業社長