ロジカルシンキングの基礎を鍛える。サマーインターン選考対策からインターン本番でのパフォーマンスまで 〜その2〜

このコラムでは、ある会社の健康食品事業部に所属する新入社員AとBの2人が、上司への報告を行うためにロジカルシンキングに挑戦します。ぜひ、彼の上司の立場となって彼の報告を聞いてみてください。果たしてあなたは納得できるでしょうか?それとも彼の報告を物足りなく感じてしまうでしょうか?



<< Situation >>

「上司から自社の健康食品事業の動向報告を頼まれた。短時間でエッセンスがわかるような報告を行わなければならない。」



社員Aの報告

「当社の健康食品事業は危機的状況にあり、その理由は3つあります。
1つ目は、最近当社から新たなヒット商品が出ていないこと。
2つ目は、主軸商品であるリファインXの売上が下降状態であり、特許もあと半年で切れてしまうこと。
3つ目は、販売チャネルでのセールストークが不適切であり、顧客の信用を損なっている恐れがあること。」
ロジカルな報告

この社員の報告は果たしてロジカルでしょうか?ロジカルシンキングは実践を重ねることが重要なので、解説を読み進める前に、まずは自分の頭で考えてみてください。

メールアドレスでログイン
キャンセル

会員登録

この記事と同じカテゴリから探す

選考対策 インターン
コラム一覧に戻る