英語を使いたい方歓迎

日本企業と東南アジア企業を繋ぐ戦略・M&Aアドバイザリーファームの長期インターン

締め切りました
受けたい

グローバル進出リサーチ

【英語を使いたい方歓迎・リモート業務】日本企業と東南アジア企業を繋ぐ海外進出戦略・M&Aアドバイザリーで、プロフェッショナルリサーチを学ぶ

2012年の創業後まもなく、東南アジア各国の最新業界情報を入手するネットワークを確立し、大手企業から中小企業まで最高レベルの新興国特化M&Aアドバイザリー・サービスを提供しているアジア戦略アドバイザリー。本インターンでは、同社で日本と東南アジア企業の架け橋となるM&Aアドバイザリーにおける主要なサポートメンバーとして、東南アジアへの海外進出戦略立案、各国業界のリサーチ、財務分析等、高度で専門的な情報を幅広いクライアントに提供してもらいます。今後のビジネスシーンにおいて即戦力となる高難易度なプログラムです。

インターンでは、日本IT企業の東南アジア進出先でのジョイントベンチャーを創るためのリサーチ&アドバイザリー、業界大手企業の海外進出先の市場調査など、インターンを超えたハイレベルな業務を行っていただきます。難易度の高い業務を通じて、プロフェッショナルとして即戦力となるレベルにまで成長することが可能です。さらに、能力やコミット次第では海外出張同行もあり、実際に、現在インターン中の2名は海外出張に同行した経験もあります。

メンバーも精鋭が集まっており、社長は外資系金融機関にて数多くのM&A案件に携わり、海外ビジネスの連載や書籍出版の経験も持つ杉田 浩一氏が務めます。また、社員も外資系投資銀行や大手戦略コンサルティングファームにて、長年海外進出アドバイスに関与してきたプロフェッショナルばかり。業務、職場環境ともに究極の成長環境です。世界で活躍する人材になりたい方、リサーチ系を志す方、語学力・調査力・分析力を生かして、プロフェッショナルを目指しませんか。

経営者プロフィール

杉田 浩一 代表取締役
15年にわたり外資系投資銀行で海外進出戦略立案サポートやM&Aアドバイザリーをはじめとするコーポレートファイナンス業務に携わる。2009年から2012年まで、米系投資銀行フーリハン・ローキーにて、在日副代表を務める。 2000年から2009年まで、UBS証券会社投資銀行本部M&Aアドバイザリーチームに在籍し、数多くのM&A案件にてアドバイザーを務める。
ロンドン・スクール・オブ・エコノミックス(LSE)経済学修士課程卒
カリフォルニア大学サンタバーバラ校物理学部及び生物学部卒

対象者/こんな方におすすめ

大学生/大学院生対象(学年・学科不問)
下記のいずれかに当てはまる方には、特におすすめです!

  • グローバルに働きたい方、海外ビジネスの情報感度を高めたい方
  • 高難易度なリサーチ業務に興味がある方
  • コンサルティング、外資系銀行を目指す方
  • 語学力を生かせる仕事に携わりたい方

インターンシップ概要

【採用予定数】
1~2名

【応募条件】
週4日以上、6ヶ月以上(応相談)
※リモート業務がメインとなります。その他、社内でのミーティングや、社外でのクライアント訪問等があります。

【待遇】
能力とコミット時間数に応じて支給
※交通費支給

【本社所在地】
株式会社アジア戦略アドバイザリー
東京都千代田区麹町1-3-23麹町1丁目3番地ビル8階

インターン参加までのプロセス

【1】本ページよりエントリー

【2】Goodfind事前面談(インターン詳細のご説明、ご希望にあった他インターンのご紹介※Skype可)

【3】面接を経て、インターン開始

受けたい