トップレベルのマーケターが必ず押さえているマーケティングの基礎スキル「3C分析」

マーケティングとは、自社の商品やサービスへの需要を高めたり、新たな市場を開拓するための調査・戦略などを計画・実行することで、最終的には顧客に価値と満足を生み出すことを目的としています。

マーケティングにおいては、情報を整理するための思考パターンがいくつか存在し、それらはひとまとめにフレームワークと呼ばれています。フレームワークは漠然とした状況下や複雑な場面でも、このように情報を整理すればよい、という思考の枠組みとなるものです。

そのフレームワークの中でも有名かつ代表的なものとして、「マーケティングの3C」と呼ばれるものがあります。3Cを用いることにより、自社を取り巻くマーケティング環境をスピーディに整理することができます。

「3C」とは分析すべき3つの”C”をまとめたものです。 すなわち、Customer(顧客)・Competitor(競合)・Company(自社)の3つを指します。

3Cというフレームワークは非常に有名ですが、この3つのCについて、どのような順番で分析を行うべきなのか、その順番で分析を行う理由は何か、ということについてはあまり知られていないのではないでしょうか。

本コラムでは、分析の順番とその理由を例と共に紹介していきます。

1.顧客分析(Consumer)

メールアドレスでログイン
キャンセル

会員登録

この記事と同じカテゴリから探す

知識 ビジネス
コラム一覧に戻る