ロジカルシンキングの基礎を鍛える。サマーインターン選考対策からインターン本番でのパフォーマンスまで 〜その1〜

今やビジネスパーソンだけでなく、感度の高い学生の間でも、ロジカルシンキング(論理的思考)への関心が高まっています。ビジネスから日常のコミュニケーション、そしてもちろんサマーインターンの選考にも役立つロジカルシンキング。”MECE”や”論理の構造化(So what? / Why so?)” といったロジカルシンキングの土台となる概念を理解できているでしょうか?サマーインターンの選考が始まる前に、いち早くロジカルシンキングの基礎を学んで実践を積み重ね、スキルを身につけましょう!

ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングとは、「物事をモレなくダブりなく捉え、構造化して考える」ことです。ビジネスパーソンの共通語とも言えるほど、ビジネスにおける思考や発言にはロジカルさが求められます。終身雇用の仕組みが崩れて、個人のスキルをベースにしたキャリア形成が基本となる時代を迎える中、自らの頭を使ってものを考え、価値を生み出す源泉となるロジカルシンキングがあまり重要視されていないため、そのトレーニングを積めていない学生が多いのが現状です。社会に出る前に、ぜひ一度学んでみてはいかがでしょうか?

ロジカルシンキングの基本

① MECE “Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive”

メールアドレスでログイン
キャンセル

会員登録

この記事と同じカテゴリから探す

選考対策 インターン
コラム一覧に戻る