サイボウズ

チームワークを支援するソフトウェア企業。日本トップシェアから世界トップシェアへ

厳選企業をもっと見る
受けたい

事業領域 企業の問題解決を、組織・人材の活性化とコミュニケーションの変革から担う

経営には、戦略、セールス、マーケティング、テクノロジー・研究開発、業務・システム、組織・人材、財務・ファイナンスなど様々な側面があります。それぞれの分野で新しいノウハウや技術が登場し、企業活動の価値を高めるべく、コンサルティングやソリューションビジネスといったサービスが提供されています。サイボウズが提供するのは、組織の活性化や、企業内のコミュニケーションに変革を起こすソリューション。組織・人材・業務プロセスの問題解決ビジネスを行っている企業です。コンサルティングや企業の問題解決、組織変革や人材の活性化、IT・ソフトウェアによる企業価値向上などに関心のある方には、特におすすめの企業です。

成長力 創立から3年でマザーズ上場、東証一部上場を成し遂げる成長力

目標は「世界で一番使われるグループウェアメーカー」になること。創立からわずか3年で東証マザーズに上場し、東証二部、一部へと 着実に上場し成長を続けるサイボウズ。企業や公共団体、NPO法人、学生サークルに至るまで多岐にわたるチームワークを最大化するためのソフトウェアである「グループウェア」を開発し、製造・開発・仕入・営業など、大小問わず様々な企業の業務の中で支持され、投資家の期待を集めてきました。グループウェアの多くの開発元である欧米企業とは設計思想を異としており、「日本人的なチームワークスタイル・チームへの貢献文化」を取り入れた製品を作り、ユーザーが使いやすく、組織の生産性が飛躍的に高まるパッケージソフトとなりました。ユーザーにも、経営陣にも高い評価を得られる結果を生み出せる技術力が、躍進の原動力となってきたのです。

グローバル マイクロソフト、IBMを超えるシェアを獲得。国内から世界トップシェアへ

グループウェアは、IBM製品の登場した90年代後半に、社内の情報共有・コミュニケーションツールとして、 日本企業への普及が始まりました。そんな中、1997年にサイボウズが誕生。サイボウズのグループウェアは、 普及の拡大の流れをリードすることによって、750万人超という膨大なユーザー数を誇り、 GoogleやMicrosoft、IBMなどの世界的なIT企業を抜いて 11年連続で国内シェア数No.1(※)という、 確固たる地位を築いています。グローバルなマーケットに事業拡大する中で、世界的なソフトウェア企業を相手に回し、 これからの世界標準を狙うのがサイボウズの目指す道です。

※ノークリサーチ社「2017年版中堅・中小企業のITアプリケーション利用実態と評価レポート」グループウェア部門

インタビュー

企業詳細情報

会社名
サイボウズ株式会社(Cybozu, Inc.)
所在地
本社
〒103-6028
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階

大阪オフィス
〒530-0017
大阪府大阪市北区角田町8-1 梅田阪急ビルオフィスタワー 35階

松山オフィス
〒790-0003
愛媛県松山市三番町3-9-3 K-13ビル
募集職種
・ビジネス職
営業
マーケティング
システムコンサルティング
人事
財務経理
知財法務

・エンジニア職
Webアプリケーションエンジニア ※プログラミング経験者のみ
サイトリライアビリティエンジニア(SRE)※プログラミング経験者のみ
QAエンジニア
セキュリティエンジニア
テクニカルライター
プロダクトマネージャー

・UX/UIデザイナー職 ※ポートフォリオ提出必須
・カスタマーサポート職
2018年卒採用予定数
25~30名程度
社員数
464名(2015年12月末 連結)
339名(2015年12月末 単体)
メッセージ
「世界中のチームに力を」

世界には無数のチームが存在します。
企業も一つのチームです。
企業の中にもたくさんのチームがあります。
学校にも、病院にも、NPO にも、企業と企業の間にも、数え切れないほどたくさんのチームがあり、そのすべてのチームにおいて、日々チームワーク(協調作業)が遂行され、社会は進化を続けています。

私たちのミッションは、世界中のチームワークを向上させること。

優れたソフトウェアサービスを提供し、さらに素晴らしいチームワークを発揮していただきたい。より高い目標を達成できるように、より効率的に活動できるように、より多くの学びを得られるように、より大きな充実感を得られるように、それを支援するのが私たちの使命です。
サイボウズは今までに、国内700万人のチームワーク向上に貢献してきました。これからは、技術にさらに磨きをかけ、世界中のチームワーク向上に貢献していきます。
価値観・求める人物像
社員の成長を6つの行動指針に沿って促進する制度です。 サイボウズでは個人が成長すると「信頼度」が高まると考えています。信頼は「スキル」と「覚悟」のかけ算であると定義し、Action5と呼ばれる5つの軸とサイボウズの基盤となる価値観である公明正大の6つの軸で評価しています。

・あくなき探求(考える)…問題を深く探求し、課題を設定する。
・知識を増やす(知る)…役割(課題)を果たすために必要な知識を身に付ける。
・心を動かす(伝える)…周囲の協力を得るためにコミュニケーションを行い(課題を伝え)、相手の行動を引き起こす。
・不屈の身体(続ける)…任された役割(課題)をやめずに取り組み続ける。
・理想への共感(する)…理想に共感し、理想に向かって課題を実行する。
・公明正大…公に明るいところで、正しいと大きな声でいえる行動、またはいえること。
事業内容
●コラボレーションツール事業
サイボウズグループは、チーム・コラボレーションを支援するツールを開発・提供しています。
グローバルに拠点をもつ企業や公共団体などの大規模チームから、企業間プロジェクト、ボランティア、家族などの小規模チームまで幅広いお客様にご利用いただいています。近年はソフトウェアのラインセンス販売に加え、サーバーやセキュリティなどの運用環境も提供するクラウドサービスを実施しています。

●グローバル展開
中国、ベトナム、米国に拠点を設置し、製品の多言語化を進め、アジアや欧米地域での販売に取り組んでいます。

●研究開発
子会社サイボウズ・ラボを中心に長期視点で情報共有に関するソフトウェア技術の 研究開発活動を行っています。
経営者プロフィール
代表取締役社長 青野 慶久(本名:西端 慶久)
1994年 3月  大阪大学 工学部 情報システム工学科 卒業
1994年 4月  松下電工株式会社 入社
1997年 8月  サイボウズ株式会社設立 取締役副社長
2005年 4月  代表取締役社長
2010年 8月  育児休暇取得 1回目
2011年 8月  代表取締役社長 兼 グローバル開発本部長
2012年 2月  代表取締役社長 兼 ビジネスマーケティング本部長
2012年 3月  育児休暇取得 2回目
2015年 1月  代表取締役社長 兼 グローバル開発本部長
2015年 3月  育児休暇取得 3回目
2015年 4月  代表取締役社長 兼 グローバル開発本部長 兼サイボウズ・ラボ株式会社代表取締役社長
2016年 7月  代表取締役社長 兼 サイボウズ・ラボ株式会社代表取締役社長(現任)
受けたい
厳選企業をもっと見る

CATEGORY

BtoB コンサルティング テクノロジー 副業可 オフィスがおしゃれ 創業社長 地方拠点あり 自社サービスあり