全米トップクラスのビジネススクールやNYのスタートアップを訪問する、東海岸インターンをレポート!(Slogan Summer Job 2016)

全米No.1のビジネススクール訪問をはじめ、近年スタートアップ熱が加速しているニューヨークにて起業家インタビューやスタートアップ訪問を実施するスローガン(Goodfind運営企業)の海外渡航インターン、「Slogan Summer Job 2016」。300名もの中から選ばれた大学生3名とスタッフが、現地の様子などをレポートします。




こんにちは、「Slogan Summer Job 2016」の企画・運営担当の杉本です。

いよいよ渡米まで10日となりました!参加学生3名が決定、プログラム内容もほぼ確定し、今は各自のテーマ設定など細かい準備を進めています。その様子もこれから順次お伝えしていきたいと思いますが、まずは「Slogan Summer Job 2016」の主旨と豪華なプログラム内容の一部をご紹介します。

Slogan Summer Job 2016 とは?

社会に何か仕掛けていきたい、インパクトのあるビジネスを創っていきたい、と思っている学生のためのサマージョブです。“Entrepreneurship(アントレプレナーシップ:起業家精神)”をキーワードに、米国東海岸にて起業家へのインタビュー、全米No.1の起業家養成校への訪問などを予定しています。

全員共通のテーマはあえて設定せずに、参加学生それぞれの問題意識やビジョンから事前に各自でテーマと現地でのアクションプランを設定(今ここに奮闘中です。笑)、現地で実行し、帰国後のアクションに繋げることを目指しています。



こちらは渡米前のミーティングの様子です。白熱してますね!それぞれ違ったバックグラウンドや想いを持った学生なので、どんなアウトプットになるのか楽しみです。

続いて、コンテンツの一部をご紹介します。

1.全米トップクラスのビジネススクールを訪問

全米No.1の起業家養成校である Babson College、Harvard Business School を訪問し、実際に授業に参加させてもらったり、在校生やOBの方へインタビューをしたりする予定です。



各校独自の育成方針やカリキュラム、環境を体感しつつ、日本で教える“Entrepreneurship”との違い、大学で学ぶ事業創造の手法や知見をリアルなビジネスの現場で活かす方法、実際に起業するときに必要なことや大切なことについて学びます。個人的には、グローバルイシューの解決や改善を志す起業家の育成や支援に取り組む the Harvard Innovation Lab(通称 i-lab)の見学が楽しみです!

2.今盛り上がっているNYのスタートアップを訪問

シリコンバレーに次いで昨今盛り上がりを見せるスタートアップシーン、ニューヨークでも、起業家へのインタビューや企業訪問を実施する予定です。



最前線で活躍する起業家の話を聞き、彼らがどのように考えサービスを作っているのか、起業家の思考に直接触れることで、起業やビジネスの創造に必要なスキルや考え方を体得します。ニューヨークには、VC(ベンチャーキャピタル)やインキュベーター、コワーキングスペースなど、起業をサポートする体制も含めた素晴らしいスタートアップのエコシステムがあるので、その辺りも学び、体感したいと思っています。

簡単ではありましたが、「Slogan Summer Job 2016」の主旨や東海岸の魅力は伝わりましたでしょうか?次回以降は参加学生について紹介していきますので、お楽しみに!

次の記事を読みたい方はこちら>>
参加者インタビュー:慶應義塾大学5年生 山口 太朗さん(Slogan Summer Job 2016)
記事一覧はこちら>> Slogan Summer Job 2016 記事一覧

[2016'09'05' 更新]

コラム一覧に戻る